活しめ

大畑町漁業協同組合の取組です。サクラマスの活しめの場合は、
エラ部分に包丁を入れ、脊椎骨を切断します。
尾部も脊椎骨を切断し、血が抜けやすいようにします。
その後、海水氷中で、十分に放血させます。
また、映像は明石浦漁業協同組合での取組で、こちらはタイの活しめです。

katsujime_img01 katsujime_img02 katsujime_img03