青森県|泊地域水産業再生委員会

泊漁業協同組合

取組概要 衛生管理と鮮度保持の徹底
キーワード 活け締め
低温管理
施氷
販路 域内流通
取組タイプ 安全・衛生管理
魚種 スルメイカ
サケ
ヒラメ
アイナメ
カレイ

浜プランの取組内容

1)水産物の付加価値向上の取組 いか釣り漁業者は、スルメイカの漁獲後の迅速な箱詰めと施氷作業(出荷時期に応じた施氷量の調整を含む)による低温管理(5℃以下)を行うとともに、漁船に海水殺菌装置を整備し、箱の上からスルメイカへの洗浄を行うことで衛生管理を徹底し、スルメイカ単価の向上を図る。なお、氷の溶解水によるスルメイカの白色化を防止するため、底部に水抜き穴のついた発砲スチロール箱を利用することで、十分に水切りを行うとともに、再洗浄で溶ける分の氷をあらかじめ余分に詰めておくことで、鮮度保持への影響も防ぐ。 定置網漁業及び一本釣り・延縄漁業者は、市場ニーズを反映してヒラメ・アイナメ・カレイ類等を対象に活締め出荷に取り組むこととし、漁協は漁業者を対象に活締め技術講習会を開催してその普及と適正実施に努めるほか、漁業者は、活締め後の迅速な箱詰めと施氷作業(出荷時期に応じた施氷量の調整を含む。)による低温管理(5℃以下)と漁船に整備した海水殺菌装置を活用し、活締め後の魚体洗浄を行うことで衛生管理を徹底し、単価向上を図る。 また、漁協青年部・婦人部員及び漁協は、地元水産物のPR強化計画をたて、「六ヶ所村たのしむべ!フェスティバル」、「泊みなと祭り」、「六ヶ所村産業まつり」や泊イベント広場での「朝市」を活用し、鮮魚やイカずし、コンブ巻などの加工品を消費者に直接販売しつつ、地元水産物のPRの強化や消費者ニーズへの聞き取りを行う。その結果をもとに、加工品開発や活締め対象魚種の拡大を図る。 さらに、漁協及び村は、漁業者からの要望を受け、低温管理の要である漁業用の氷について、製氷施設を新設し、氷を安定的に供給するとともに、新施設内の作業オートメーション化に伴う運営コストの削減を図り、漁業者への供給単価の削減について検討する。2)サケ海中飼育放流の適正実施による回帰率の向上と良好な海産親魚の供 給による種苗放流事業の安定化 定置網漁業者は、現在実施しているサケ海中飼育放流事業について、生簀網の目詰まりに伴う水質の悪化や酸欠を防止するため、網替えやブラッシングの頻度を増やし、放流稚魚の大型化(現状の1.1gから1.5g以上へ)を図る。また、稚魚の成育状況を10日に一度調査するとともに沿岸水温をこまめに把握して、稚魚の適期(水温11℃以下で放流)・適サイズ放流を図り、回帰資源の増大による漁業所得の向上を目指す。 また、当地区にはサケふ化放流事業を実施している河川がないため、隣村にある孵化場に対し、成熟(ブナ化)が進み、傷の少ない、体重3kg以上の良好なサケ成魚を海産親魚として供給し、種苗生産・放流数の安定化を図る。3)資源管理型漁業の推進と漁場整備の促進 いか釣り漁業、定置網漁業及び一本釣り・延縄漁業者は、漁協資源管理計画等に基づく休漁日設定等の資源管理措置を遵守し、水産資源の維持増大を図る。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 泊漁業協同組合
住所 〒039-4301 青森県上北郡六ヶ所村大字泊字焼山992先
電話番号 0175-77-3121