青森県|小田野沢地域水産業再生委員会

小田野沢漁業協同組合

取組概要 活け締めと低温管理による高付加価値化
キーワード 活け締め
施氷
低温管理
販路 域内流通
取組タイプ 鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 サケ
ヒラメ
アイナメ
ウスメバル
カレイ

浜プランの取組内容

1)水産物の付加価値向上の取組
 定置・底建網漁業者及び一本釣り漁業者は、漁獲後の品質管理(漁獲後の鮮度保持)を強化するべく、ヒラメ・アイナメ等の船上活締めの出荷量を増やすこととする。このため、技術講習会を開催してその普及及び適正実施に努めるほか、活締め後の迅速な箱詰め(施氷作業による低温管理(5℃以下)を含む)を行い鮮度保持の徹底に取組む。 また、漁協は、地元水産物のPR計画を定めるとともに、漁協女性部員によるサケ、ヒラメ等のさかな汁試食会等を通じて、水産物のPRと消費拡大に積極的に取り組むことで漁業収入の増加に努める。
2)良好なサケ海産親魚の供給等によるサケ回帰資源の増大
 定置・底建網漁業者は、サケふ化放流事業を実施する近隣のふ化場に対し、成熟(ブナ化)が進み、傷の少ない、3kg以上の良好な海産親魚を供給し、種苗生産・放流数の安定化を図るとともに、河川環境改善のため上流部への植樹を行うことで、サケ回帰資源の増大による漁業所得の向上を図る。
3)漁場整備及び資源管理型漁業の推進
 定置・底建網漁業者及び一本釣り漁業者、漁協及び村は、ウスメバル・ヒラメ・カレイ類等の水産資源の増大を図るための藻場礁・増殖礁等の漁場整備の促進を県庁へ要請するとともに、同漁業者及び漁協は、採介藻漁業者及び地元潜水業者と連携し、ウニによる藻場の食害を防ぐため、藻場のモニタリングとウニの密度管理(過剰生息の場合は駆除)を徹底する。 加えて、同漁業者は、漁協の資源管理計画に基づく禁漁期間、休漁日遵守等の資源管理措置を着実に行い、平成28年度から発現される増産効果を確実なものとするよう努める。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 小田野沢漁業協同組合
住所 〒039-4223 青森県下北郡東通村大字小田野沢字浜通78-23
電話番号 0175-48-2324