青森県|むつ市大畑地区地域水産業再生委員会

大畑町漁業協同組合

取組概要 低温管理・活け締め等による高付加価値化
キーワード 活け締め
活魚出荷
海峡サーモン
販路 域内流通
取組タイプ 鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 イカ
サクラマス
ホヤ
ナマコ

浜プランの取組内容

1)水産物の付加価値向上の取組
・中型イカ釣り漁船漁業者は、一尾凍結用トレー設備の導入を通じて、これまでブロック凍結していたイカのうち生食用イカについては段階的(H26年度は5t)に凍結むらができにくいIQF (一尾凍結Individual Quick Frozen)に切り替えていくことで 、魚価向上により0.1%の所得向上を目指す。
・小型イカ釣り漁船漁業者、小型定置網漁業者、底建網漁業者は、むつ市に対し、市が実施している衛生管理型水産物流通荷捌施設・海水処理施設の整備促進を要請するとともに、同施設の機能を十分に活用するために、漁業協同組合等が開催する高付加価値化に向けた意識の醸成を目的とした衛生管理講習会や鮮度保持講習会等を通じて、以下の活動に取り組む。
①小型いか釣り漁業者は、高付加価値化に向けて、漁獲物の迅速な箱詰め(迅速な施氷作業と出荷時期に応じた施氷量の調整による低温管理(5℃以下)を含む)による鮮度保持の徹底に取組むとともに、溶けた氷水がスルメイカに触れることで起こる白化を防ぐため、魚箱にシートを被せ保冷性を高めるよう努める。
②小型定置網漁業者は、サクラマス高付加価値化に向けた技術習得のため船上活〆実証試験に取組む。
③底建網漁業者は、活魚出荷量を増加させるため、魚槽内の水質(酸素濃度(5mg/l以上)、水温(高水温期20℃以下))や魚槽に収容する活魚の選別(活力、傷等)、収容密度を徹底管理する。

2)つくり育てる漁業の推進
・小型定置網漁業者は、漁具固定技術が確立されたことを受けて、外海養殖施設を設置し、青森県むつ水産事務所等の技術指導の下、天然ホヤから人工採苗を行い、延縄垂下方式によるホヤ養殖試験を実施する。
・底建網漁業者は、漁港区域内海底にホタテガイ貝殻を敷設し、ナマコ増殖場の造成を行う。また、増殖した漁場の状況や発生した稚ナマコの成育具合を底見等で確認するとともに、カニ類などの害敵駆除を行う他、採捕するナマコについて100g以下は再放流し、漁場・資源管理を徹底する。

3)魚食文化の伝承と普及
・漁業協同組合は、むつ市とともに水産物の販売戦略を立て、全漁業者は、その販売戦略に基づき、一尾凍結イカや高付加価値化した水産物を各種団体のイベント等で試食販売することにより販売促進を図る。
・底建網漁業者及び小型定置網漁業者は、各種団体が主催するイベントを通して魚食をPRするとともに、高校生を対象とした食育活動を推進することで水産物販売促進を図る。
・底建網漁業者及び小型定置網漁業者は、高校生を対象とした地曳き網体験により魚と直にふれあう機会を提供し、漁業への理解を深めてもらうことで水産物販売促進を図る。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 大畑町漁業協同組合
住所 〒039-4401 青森県むつ市大畑町湊村191
電話番号 0175-34-4111