青森県|大間地区地域水産業再生委員会

大間漁業協同組合

取組概要 鮮度保持による高付加価値化
キーワード 神経抜き
低温管理
大間まぐろ
販路 域外流通
取組タイプ 鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 マグロ
スルメイカ
タイ
メバル
ブリ

浜プランの取組内容

①水産物の付加価値向上の取組
 イカ釣漁業者は、船上での箱詰めを行うに当たり、漁獲後の低温管理(5℃以下)を徹底するべく、適切な施氷と合わせて速やかな発泡スチロールでの箱詰め作業を行う。この作業においては、イカの氷焼けを避けるとともに氷からの解凍水に触れないようにすることで白色化を避けることが必要となるため、全漁業者を対象とした講習会を行い、対策の徹底化を図る。加えて、大間まぐろの餌として一本釣り漁業者からの要請を受けて活イカの供給を行うこととするが、イカの生残率を向上させるため、船内生け簀での海水冷却装置使用の徹底を図る。
 一本釣漁業者は、本マグロの漁獲後の速やかな内臓処理・神経抜き作業を行うとともに海水氷による低温管理を徹底するべく、漁協の協力を得て、これら作業にかかる技術講習会を開催する。また、県外流通がほとんどであることから、消費者ニーズを踏まえ、地元及び県内向け出荷に取り組む。なお、仲卸業者を通さない直接出荷とすることで独自の出荷ルートを確立し、単価の向上を図る。マグロ以外にも、タイ・メバル等の赤物においては、血抜き作業後すぐに水氷り処理(海水1に対し0.5以上の氷を使用)し、鮮やかな色が長く保てるよう処理を徹底させる。ブリ等その他鮮魚においても、魚種ごとに販売先のニーズをもとに最適な処理基準(血抜き・水氷り処理)を定めることとし、赤物とあわせて、技術講習会を開催することで全船への徹底を図る。
②漁業と観光による取組
 漁協・町・観光協会・商工会等は、漁業者の協力を得て「マグロだDAY」「超マグロ祭り」等のイベントを利用して、一般来訪者に対して、上記の取組(血抜きや水氷り処理等)を行ったものと行っていないものとの食べ比べ等を行い、品質の良い水産物への理解を深める。 また、イベントを定期的に開催することで、本州最北端の地及びマグロ一本釣りの町への観光客の増加に努める。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 大間漁業協同組合
住所 〒039-4601 青森県下北郡大間町大字大間字下手道59-3
電話番号 0175-37-3117