青森県|佐井地区地域水産業再生委員会

佐井村漁業協同組合

取組概要 活け締め・神経抜きによる高付加価値化
キーワード 活け締め
神経抜き
ウニ一次処理加工
販路 域内流通
取組タイプ 鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 タイ
ヒラメ
サケ
アワビ
ウニ

浜プランの取組内容

 以下の、収入向上の取組及びコスト削減の取組により、定置・底建網漁業にあっては、基準年から4.4 %、一本釣・採介藻漁業にあっては基準年から0.1%の所得向上を図る。
① 鮮魚における活締・神経抜き技術普及拡大による所得の向上
 採介藻を除く全漁業者は、定置・底建・一本釣りで水揚げされ るタイ・ヒラメを対象に、漁獲後の魚艙内での管理(傷物選別、収容密度、酸素供給等)を徹底し、このうち一定サイズ以上のものを各地区の荷捌施設で自ら活締・神経抜き処理を行いタグの取付け、箱詰め(施氷作業による低温管理(5℃以下)を含む)して出荷することにより、価格の向上を図り所得向上に努める。また、漁協は、全漁業者を対象に神経抜き処理技術講習会を開催し普及拡大及び適正実施の徹底に努め、差別化を重視した出荷体制の構築を図る。
② サケ稚魚海中飼育放流による取組
 定置・底建網漁業者ならびに漁業研究会(水産資源の維持・付加価値向上対策を検討するため、若手漁業者と漁協職員で構成する研究会)員は、漁港内でのサケ稚魚海中飼育に取組むため、内水面研究所や水産事務所等関係機関と連携し、飼育技術の習得に努める。また、研究機関等から入手した水温調査の結果等をもとに放流適期を設定し、大型種苗(目標3g)による放流(生残率等の効果把握を含む)に努める。
③ アワビ稚貝放流による所得向上
 採介藻漁業者は、県栽培漁業公社からアワビ稚貝を購入し、地区内の管理漁場への放流を行うとともに、放流後の漁場管理(餌料環境や成長量の把握)や餌料競合種であるウニの密度管理(駆除・移植)による餌料海藻の保護・造成、密漁監視に取り組むことにより、生残率と採捕率の向上に努める。
④ 稚ナマコ人工種苗放流による所得向上
 採介藻漁業者は、県栽培漁業公社から稚ナマコを購入し、地区内の育成場(漁港内)への放流を行うとともに、放流後の漁場管理(成長、生息密度等の把握、害敵駆除等)に取り組むことにより、生残率と採捕率の向上に努める。
⑤ ウニ一次処理加工による取組
 採介藻漁業者は、これまでウニを剥き身のまま40cm四方の1kg前後が入る水切りザルに入れて組合に出荷してきたが、今後は、その一部を鮮魚流通業者等の要望により、100g入りのパックに詰め、直接消費者に販売できるようにして出荷を行うことで、単価向上と販路拡大に努める。特に、パックは生食されることから、衛生管理にあたっては、ウニ処理の衛生管理マニュアルを組合において作成し、全組合員を対象とした勉強会等を通じて啓発普及することで、作業従事者は紫外線殺菌水でウニの本体や剥き身を洗浄処理するほか、使用機材の洗浄等による消毒の徹底等その遵守に努める。
⑥ 販売促進の取組
 漁協と全漁業者は水産物の地産地消を推進するとともに「佐井村ウニ祭り」や「おさかなまつり」等のイベントに積極的に取組むともに村観光協会や商工会等と連携した販売戦略を定め、地域水産物の販売促進を行う。また、①⑤の取組が軌道に載るよう、その出荷した水産物の試食販売等により宣伝に努める。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 佐井村漁業協同組合
住所 〒039-4711 青森県下北郡佐井村大字佐井字糠森144-1
電話番号 0175-38-4111