青森県|脇野沢地域水産業再生委員会

脇野沢村漁業協同組合

取組概要 ホタテの安定的生産と生産性の向上
キーワード ホタテ成貝づくり推進
ナマコ資源増大
むつ市・川内町・脇野沢村3漁協協議会
販路 域内流通
取組タイプ 出荷調整(漁獲調整・蓄養など)
魚種 ホタテ
ナマコ
マダラ
ヒラメ

浜プランの取組内容

以下の漁業収入向上のための取組を推進する。
1)養殖ホタテガイ成貝づくりの推進による所得向上
 ホタテガイ養殖漁業者は、陸奥湾全域での半成貝の生産過剰傾向による価格低下を抑制するため、市場ニーズに応じて、これまでの半成貝出荷の一部を成貝出荷へ移行することを検討するが、この場合の長期間飼育によるへい死リスクの低減を図るため、(地独)水産総合研究所の指導の下、以下の取り組みを行う。
・春先の低水温や夏場の高水温によるへい死被害や成長不良を抑制するため、漁協と協力し定期的な水温把握を行うとともに養殖施設の設置水深を調整する。
・ホタテ稚貝の健苗化を図るべく、漁場での養殖密度を分散時の1段当たり15枚以下の収容枚数、連間隔50㎝以上等とする統一ルールを新たに設定し、遵守する。
・ホタテの成長促進を図るため、ラーバ調査、付着稚貝調査の実施、潮流など海況情報や貝毒情報などの情報収集に努めるとともに、成長促進状況をモニタリングしつつ、必要に応じて稚貝の間引きや袋替え作業の実施などの対策を進める。
2)漁業間連携による水産物PR活動及びネット販売による販路拡大
 漁協及び漁業者は、沿岸漁業リーダー・女性育成支援事業を活用し、消費者ニーズの把握と販路拡大を図るため、「むつ市・川内町・脇野沢村3漁協協議会」による、消費地での出荷サイズにかかるニーズ調査を行い、出荷先に応じた出荷形態の見直しを進めるとともに、東北管内や青森市並びにむつ市内における試食イベント等の実施や、ネット販売の充実等の販売促進活動を展開する。
3)ナマコ資源増大のための藻場造成と資源管理の推進
 ナマコ桁網漁業者は、ナマコ資源の増大を図るため、漁協の指導の下、100g以下の小型個体の再放流・操業区域・漁獲量制限の遵守等の資源管理に努める。また、漁協及び漁業者は、青森県に対して天然採苗したナマコ稚仔の保護育成場となるホンダワラ藻場造成事業の着実な促進を要請するとともに、漁業者は天然採苗するナマコ稚仔の増加を図るため、追加投入する採苗器の製作を行う。
4)マダラ資源の維持増大のための人工種苗放流と資源管理の推進
 マダラ資源の維持・増大並びに品質向上を図るため以下の取り組みを行う。
・漁協及び底建網・定置網漁業者は、商品価値の低い放卵・放精後の親魚及び2㎏以下の小型魚については、漁場へ再放流することで資源の回復を図るとともに、研究機関の協力を得て、放流魚の一部には標識を取り付けて放流し、マダラの移動回遊経路の解明に努める。 併せて、出荷時におけるマダラの品質向上を図るため、船槽へ収容する際に1槽当たりの収容量を削減することにより、魚体や卵巣・精巣の圧迫による鮮度低下の軽減に努める。また、漁獲時期が厳寒の12月、1月であることから魚体の乾燥・凍結による品質劣化を防止するため、これまで蓋なしの魚箱に上氷で出荷していたものを、蓋付きの魚箱にすることで密閉化を図るとともに、下氷に変更し、箱の下部に水抜き穴を施すことで氷水による浸潤を防ぐ。
・漁業者は引き続き種苗生産に必要な親魚の提供に協力し、漁協は市の支援を受け、人工種苗生産放流事業を実施することにより資源の増殖を図る。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 脇野沢村漁業協同組合
住所 〒039-5327 青森県むつ市脇野沢本村無番地
電話番号 0175-44-2211