青森県|むつ地区地域水産業再生委員会

むつ市漁業協同組合

取組概要 ホタテ・ナマコ・アカガイ等の資源増大と販路拡大
キーワード ホタテ資源増大
ナマコ資源増大
むつ市・川内町・脇野沢村3漁協協議会
販路 域内流通
取組タイプ 出荷調整(漁獲調整・蓄養など)
魚種 ホタテ
ナマコ

浜プランの取組内容

 漁業者は、ホタテガイ養殖漁業においては、当該海域での半成貝の生産過剰傾向による価格低下を抑制するため、これまでの半成貝主体の出荷体制から一部を成貝出荷に切り替えるべく、長期間飼育によるへい死リスクの低減に向け以下の取り組みを行う。
 ・春先の低水温や夏場の高水温によるへい死被害や成長不良を抑制するため、漁協と協力し定期的な水温把握を行うとともに養殖施設の設置水深を調整する。
 ・ホタテ稚貝の健苗化を図るべく、漁場での養殖密度を(地独)水産総合研究所の指導の下、分散時の1段当たり15枚以下の収容枚数、分散時の連間隔50㎝以上等とした統一ルール化を定める。
 また、ホタテガイ桁網漁業においては、地まきホタテガイ種苗を1㎡あたり6枚以下で放流するよう徹底することで、成長促進や生残率向上に努める。また、活ホタテガイの出荷に際して、出荷サイズの規格を(M:1kgあたり7~8枚、L:1kgあたり5~6枚)で統一することで、出荷先の販売用途に応じた出荷に努め、販売拡大を図る。
 漁協は、上記の取組に連動して、出荷先に応じた出荷サイズなどに係るニーズの把握に努めるべく、『むつ市・川内町・脇野沢村3漁協協議会』を活用し、3漁協で協力して青森市のほか周辺大都市の量販店等へのニーズ調査を行う。また、販路拡大を図るため、販売戦略を定め、むつ市3漁協女性部による試食イベント等の実施や宅配にも取り組む等、販売促進活動を展開する。
 また、漁業者は、ナマコ雑桁網漁業においては、漁協及び市と協力して、ナマコ資源の増大を図るため、ナマコの成育場となるホンダワラ藻場造成について県に着実な実施を要請する。また、アマモ種苗の投入や母藻の移植を実施しアマモ場の造成を図り、これら藻場がウニ等の食圧による被害を受けないよう、漁業者によるウニ駆除等を検討しつつ磯焼け対策を行い、漁場管理に努める。漁協においても、市の補助を得てホタテ貝殻を活用したナマコ増殖場の造成を行うこととし、ホンダワラ藻場造成と連携して、ナマコ資源の増大を図る。そして、これらの取り組みが持続化するよう、漁業者は、漁協の指導の下、操業期間、区域、漁獲量制限の遵守等の資源管理に努める。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 むつ市漁業協同組合
住所 〒035-0084 青森県むつ市大湊新町10-6
電話番号 0175-24-1261