青森県|蟹田平舘地域水産業再生委員会

外ヶ浜漁業協同組合

取組概要 歩留まりの良い半成貝の生産に向けた養殖業のルール化
キーワード 高圧水流噴射型洗浄機
船上活け締め
低温管理
販路 域内流通
取組タイプ 漁法・水揚方法
魚種 ホタテ
カレイ
メバル
ヒラメ

浜プランの取組内容

(ホタテガイ養殖漁業)
 漁業者及び漁協は、養殖篭を中間洗浄することで発生するホタテガイのへい死リスクの低減及び成長促進に努める。 本地区のホタテガイ養殖漁業者は、定置網、刺し網漁業を兼業して営んでいるため洋上洗浄機を搭載すると兼業漁業の操業に支障をきたすことから、漁業者のニーズをもとに軽量で取り外しが簡易で導入コストが低い高圧水流噴射型洗浄機を用いることとし、初年度、漁協は洗浄機メーカーとともに試作品の製作に取組む。 また漁業者は、これとは別に、1篭あたりの収容枚数を適正化するべくルール化(パールネット1篭あたり15枚以内)を図ることで施設内の潮通しを良くし餌となる植物プランクトンの供給量を増やすほか、県水産総合研究所発行の「ホタテガイ養殖管理情報」や青森県海況気象情報総合提供システム「海ナビ@あおもり」から得られる海水温情報等を収集し養殖施設の水深調整等による適正管理を徹底することで、ホタテガイの成長促進を図り、大型で歩留まりの良い半成貝の生産拡大に努める。
(定置網、刺し網漁業者)
 漁業者は、マコガレイ、メバル等の水産資源の増大を図るための幼稚仔保護育成場の整備と藻場造成(蟹田地区、平舘地区各7ha)の促進を県に要望する。 また、漁業者は、ヒラメ等の付加価値向上を図るため、船上活〆による出荷量を増やすこととし、漁協が開催する技術講習会に積極的に参加してその技術習得に努めるほか、活〆後の迅速な箱詰め(施氷作業による低温管理(5℃以下)を含む)の徹底に取り組む。
(ホタテガイ養殖漁業者・定置網、刺し網漁業者)
 漁業者は、水産物の消費拡大を図るため、町、商工会、観光協会及び町の活性化を目的とした民間団体等で組織する実行委員会に参加し、毎年7月に蟹田地区で開催される「港まつり」で、半成貝の炭火焼きの試食販売、ホタテ釣り、ヒラメ、カレイ等の掴み取りや船上活〆鮮魚の試食販売を行うほか、販売戦略を定め、消費地で開催されるイベント等にも積極的に参加し、地産地消・販売促進に努める。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 外ヶ浜漁業協同組合
住所 〒030-1413 青森県東津軽郡外ヶ浜町字平舘今津尻高15-3地先
電話番号 0174-25-2322