青森県|深浦町深浦地区地域水産業再生委員会

深浦漁業協同組合

取組概要 「久六島メバル」のブランド化
キーワード 神経締め
活け締め
久六島メバル
販路 域内流通
取組タイプ ブランド化
魚種 メバル
スズキ
ヒラマサ
マダラ

浜プランの取組内容

●定置網・沖合底曳・一本釣漁業者と深浦漁協は、鮮度保持方法を確立するための体制づくりに努める。
①定置網漁業
 漁協は、市場側からの要望を踏まえ、スズキ、ヒラマサなどを対象として、「活魚、活け締め、神経締め方法に係るガイドライン」を策定して講習会を開催し、漁業者は、それに参画して技術を修得し、魚体サイズなどの選別基準を設定の上、活魚、活け締め・神経締めに取り組む。また、活け締め・神経締めした水産物については、その後の魚体温度を一定温度となるよう下氷を敷いた発泡箱への箱詰作業を迅速に行うことを徹底する。今後は市場の動向を見つつ、選別基準等を見直すことで出荷割合を順次増加させ、所得の向上を図る。
②沖合底びき網漁業
 漁業者は、市場側の要望を踏まえ、漁獲したマダラの鮮度保持・色揚げのため、漁獲後直ちに、海水氷と海水を1対3の割合で調製した海水を充填した魚倉に漬け込むことで魚体温度を一定温度に管理するとともに、その後の船上での選別、下氷を敷いた発泡箱への箱詰作業を迅速に行うことを徹底する。また、タコ類も市場側の要望を踏まえ、1個体ずつ専用袋に入れ、個々が傷つけ合わないように処置した上で活魚水槽で保管・出荷するべく、漁業者は、船上での作業ルールを定める。
③一本釣り漁業
 漁業者は、当海域で漁獲されるウスメバルを「久六島メバル」としてブランド化させるべく、漁獲後直ちに、海水氷と海水を1対3の割合で調製した海水を充填した魚倉に漬け込むことでメバルの色揚げや、魚体温度を一定温度に管理するほか、擦れで釣獲された傷物の除外選別の徹底を図ることで価格の向上を目指す。さらに一定以上サイズのウスメバルについては、神経締めを行うことで更なる差別化を図るべく、漁協の講習会に参加して技術の習得を図るとともに、船上での作業ルールの設定を行う。
●販売促進活動
 漁協及び漁業者は、漁獲物の販売促進活動計画を策定の上、これに基づき、町や観光協会が開催するイベントに積極的に参画するなどして、県外から世界遺産である白神産地観光に訪れる観光客に対し、試食や直接販売により、上記①から③の取組で漁獲された魚介類の品質の良さの宣伝に努め、販路拡大するための体制づくりに努める。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 深浦漁業協同組合
住所 〒038-2324 青森県西津軽郡深浦町大字深浦字浜町364-2
電話番号 0173-74-2411