茨城県|北茨城市大津地域水産業再生委員会

大津漁業協同組合

取組概要 凍結生シラスの製品化
キーワード 日帰り操業
活魚出荷
食堂
販路 域内流通
取組タイプ 新商品開発
魚種 シラス
イカ
アワビ

浜プランの取組内容

① 底曳網漁業者と沿岸小型船漁業者は魚種・漁獲状況に応じて日帰り操業に取り組み、高鮮度化による魚価向上を目指し,収入向上を図る。
・ 底曳網漁業者は,漁場や漁模様に合わせ日帰り操業を行い,ヤリイカ等漁獲物の鮮度の向上を図る。(現在も漁業者は日帰り操業を行っているが、2日後に帰港することも多いため、ヤリイカ等漁獲物の鮮度低下、変色により、魚価低下の一因となっている。漁業者が2日操業を行っている理由は、漁場までの移動に要する時間の短縮・コストの削減のためである。)
・ 沿岸小型船漁業者は,操業時間の短縮化等を行い,釣りや刺し網で漁獲されたヒラメ等の鮮度の向上を図る。また、27年度より新たに取り組むヒラメ等の活魚出荷に向けた検討・調整を行い、漁協が整備する活魚施設(復興交付金)の整備を実施する。
② 震災で中断している凍結生シラスの生産再開に向け,沿岸小型船漁業者と漁協は日立市,大洗町など県内他産地の凍結生シラスについての情報収集を行う。(凍結生シラスは、茨城県水産試験場が開発した鮮度保持・製造技術を活用した生食用冷凍シラスで、「海の輝き」として商標登録されている。当地区では、震災により生産施設が被災・消失したため生産が中断しているが、近年、他地区でも凍結生シラスの導入が普及し、シラスの単価向上に寄与していることから、当地区でも生産再開にむけた情報収集を行う。)
③ 沿岸小型船漁業者はアワビについて,茨城県栽培漁業センターで生産した種苗の放流等による資源の保全活動を行うとともに,生息環境である藻場の実態把握,保全活動を行うことで,アワビの資源増大を通じた収入向上を図る。
④ 全漁業者と漁協は北茨城市が設置した非破壊放射能検査施設等を活用して漁獲物の安全安心の確認検査および公表を行い,「市民夏祭り」や「雨情の里祭り」といった地元イベント等で地魚PRも兼ねた魚食普及活動を行うことで,地域水産物のイメージアップ,消費拡大を図る。また、漁協直営の「市場食堂」(平成19年開設)の集客力アップを図るため、あんこうどぶ汁、活あわびの海鮮丼、生しらす丼など、地元でしか食べられない地元水産物の提供、販売に積極的に取り組む。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 大津漁業協同組合
住所 〒319-1702 茨城県北茨城市大津町121-55
電話番号 0293-46-1117