千葉県|千葉県地域水産業再生委員会 夷隅地区部会

勝浦漁業協同組合

取組概要 市場管理の統一化による金目鯛のブランド化
キーワード マリン・エコラベル
朝市
販路 域内流通
取組タイプ 鮮度管理(冷凍・冷蔵技術など)
魚種 キンメダイ
イセエビ
カツオ

浜プランの取組内容

○水産資源を安定的かつ持続的に利用するための取り組み(キンメダイ)
・勝浦沖漁場での操業にあたり、漁期前に関係する各地区の漁業者の代表による「勝浦沖キンメ操業規約」確認と現状に即した内容の見直しを行い、これを遵守した操業を行う。
・資源管理計画に基づく資源管理措置を確実に実行する。
・マリン・エコラベル・ジャパンの生産段階認証の取得にかかる情報収集及び関係者との協議を開始する。(アワビ)
・既設のアワビ中間育成場の運営管理を効率的に見直すため、現状の利用実態を精査する。
・アワビ輪採漁場を利用した生産を行っている先進的な取り組みについて情報収集を行い、勝浦地域での実施についての検討を開始する。(水産物全般)
・漁協は県や漁連等と連携しながら、これまで取り組んできたクーラーボックス等を活用した鮮度保持対策を継続的に実施し、漁業者に高鮮度の水産物を水揚げするための船上での取扱いについて普及・指導を行う。
○観光と連携した地産地消の推進及び地元産水産物のブランド力の強化による販路拡大や魚価の向上・市、関係団体等と連携し、地元産水産物の地産地消を推進するのにあたり、消費者ニーズの把握手法について検討を行う。(勝浦市を訪れる観光客が勝浦産水産物について持っているイメージと勝浦で何を食べたいと思っているのか、を把握する)
○漁業者・女性グループ活動の活性化や農商工連携による、地産地消の推進と販売力強化・農商工連携による地元産水産物の地産地消を推進するのにあたっての取り組みの方向性(新製品の開発、流通の効率化、宿泊施設への納品等)の検討並びに漁業者・女性グループの立ち上げ、及び必要なパートナーの条件について検討を開始する。
・漁業者グループの活動拠点となる施設の整備にかかる内容(規模、設置箇所、予算、整備内容)の検討を開始する。
○新規漁業就業者の育成と確保・漁協、漁連は、県、市と連携し、国の新規就業者対策制度を活用し、長期研修や研修生への給付金支援など、地域で次世代の漁業の担い手となる新規就業者の育成と確保を行う。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 勝浦漁業協同組合
住所 〒299-5233 千葉県勝浦市浜勝浦380
電話番号 0470-73-1311