神奈川県|上宮田地区地域水産業再生委員会

上宮田漁業協同組合

取組概要 資源管理の取組
キーワード 観光連携

販路 域内流通
取組タイプ 出荷形態(共同化・集約化など)
魚種 ナマコ

浜プランの取組内容

1 資源管理の取組み
 ⑴ 地先ナマコ資源の増大に向けた取組み
・上宮田漁業協同組合は、神奈川県水産技術センターと連携し、ナマコ資源の増加に関する取組事例について情報収集する。また、国内における取引価格や国産ナマコの主要輸出先である中国市場の動向等、ナマコ出荷に関連する情報についても収集し、今後目指すナマコの品質等について、検討する。資源回復のため休漁措置については、ナマコ資源量の回復状況を見極めつつ、休漁措置を継続する。(平成28年度からの漁の再開を目指す。)
 ⑵ 二枚貝資源の増大に向けた取組み
・上宮田漁業協同組合は、神奈川県水産技術センターと連携し、二枚貝資源の増加に関する取組事例について情報収集する。現在、当地区ではハマグリ等の二枚貝の漁獲は行っていないが、漁場環境としては二枚貝の増産に適していると考えられることから、漁業所得の増加を目指し、他地区での取組事例等を参考に、次年度以降本地区において試験的に取り組むものを検討する。
2 出荷の見直しによる販売収入(実収入)向上の取組み
・上宮田漁業協同組合は、現在は、三崎水産物地方卸売市場や近隣市の市場を主な出荷先としているが、今後、より戦略的な出荷を行い販売収入(実収
入)の向上を図るための対策を検討するため、現在の出荷について、販売収入(実収入)を意識した現状把握に努める。漁獲(出荷)量、出荷先、魚種
及び出荷形態等による取引価格の変動と、出荷先による出荷コストを勘案し、現状における課題の抽出を行う。
3 観光レジャーとの連携と直売事業による地産地消の展開
・上宮田漁業協同組合は、市と連携して、遊休漁港用地(ヒラメ養殖跡地)について、海洋レジャーに供するエリアの集約整理のための用地及び昼市又は夕市開催のための直売所用地として活用する具体案について検討する。
4 ICTを活用した情報発信による誘客数増大の取り組み
・上宮田漁業協同組合は、販路の拡大及び誘客数の増大を図ることを目的として、市と連携して、ICTを活用した情報発信について、他地区における先進事例を情報収集する。
5 船揚場における漂砂堆積への対応の検討
・上宮田漁業協同組合及び市は、漂砂の供給側の海岸で行われている横須賀市の侵食対策事業による漁港への漂砂堆積状況を把握するとともに、その状
況を踏まえた漂砂対応について検討を行う。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 上宮田漁業協同組合
住所 〒238-0101 神奈川県三浦市南下浦町上宮田540
電話番号 046-888-0024