新潟県|村上地区地域水産業再生委員会

新潟漁業協同組合②

取組概要 規格統一化によるブランド化
キーワード 神経締め

販路 域外流通
取組タイプ ブランド化
魚種 カニ
カレイ
サケ

浜プランの取組内容

① 漁業収入を向上させるための取組
・漁業者と漁協は、市、県、商工会議所、観光協会等市内関係機関で構成する「越後むらかみFOODプライド食のモデル地域構築計画協議会」(以下協議会)と連携し、イベントの開催や、インターネット発信等を通じて、村上地域で獲れるヒラメ、カレイなどの水産物の首都圏等へのPR活動を強化する。
・漁業者と漁協は、協議会と連携し、地元市民を対象に「魚食文化講座」や料理講習会を開催し、魚食文化の継承や情報発信に努める。
・市と県は、ヒラメ・カレイ類等鮮度向上のため、寝屋漁港、桑川漁港に清浄海水導入施設の整備を検討する。
・漁協は、先進地視察や講習会への積極的な参加により、船上における活け締め、神経抜き等の技術導入の先進地視察や講習会への積極的に参加することにより技術向上に努める。また、1人乗り操業の2人乗り操業への切り替えを推進することにより、船上選別時間の短縮を図る等、ヒラメ・カレイ類等の高鮮度出荷体制の構築を図る。
・漁協は活魚出荷設備を備えた改革型漁船の導入などの先導的取組を検討する。
・板曳網を中心とした漁業者は、主要な流通ルートである既存の市場出荷は堅持した上で、都市部の料亭、レストラン等との宅配便等を活用しながら取引など多様な販路の開拓に取り組む。
・漁協と漁業者は「さかなまつり」、「イヨボヤまつり」の開催により地元水産物のPRや販売活動の強化に努め、消費拡大を図る。
・漁協は、全漁連のプライドフィッシュプロジェクトにおいて秋の魚として登録された「柳カレイ」について、家庭での調理に手間の掛からない加工品の開発や販売促進に努め、地場産柳カレイの消費拡大を図る。
・漁協は漁業者と共に地元水産物の加工品販売を推進するためカナガシラ、ミシマオコゼなど未利用魚を用いた干物等新製品の開発・既存製品の改善を検討する場を設け、市内県内を中心とした消費者ニーズの分析を行いつつ、市内2か所ある漁協直売所の有効的な活用に努める。
・漁協と漁業者は関係機関と連携し、市内でのお魚料理教室の開催などにより、小中学生や成人(若年層)を中心とした魚食普及・食育推進の取組の強化に努める。
② 担い手対策
・漁協は、新規漁業就業者の研修制度を利用した就業者等の確保、育成に取
り組む。
・漁協及び市は、漁家の後継者等に対する研修を実施し、新規就業者の確保に努める。
・漁協、市及び漁業者は担い手の確保と意識向上を目的とした「担い手対策検討委員会」を開催し、地域レベルでの担い手確保に向けた募集方法や研修の取組を定めた実践計画の策定、検討を行う。
③ 水産業の多面的機能の発揮
・漁業者は、海洋汚染等の原因となる漂着物、堆積物を処理する活動を実施し、漁場機能の向上を図る。
・漁業者は、定期的な救難訓練の実施や機器類の保守点検等沿岸の海難救助体制を充実させ、国民の生命と財産の保全に寄与する。
・漁協は、ヒラメ、アワビ等の種苗放流を実施するとともに、場所、方法、時期、放流数や定着性の高い魚種の効果を検証し、より効果的な種苗放流に努める。
・漁業者は、大型クラゲ等の有害生物の除去により漁場環境の保全、漁獲物の品質低下、漁具の破損の防止を図る。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 新潟漁業協同組合②
住所 〒950-0078 新潟県新潟市中央区万代島2-1
電話番号 025-244-6181