石川県|加賀地区地域水産業再生委員会

石川県漁業協同組合(加賀)

取組概要 ズワイガニ及びイワガキの出荷調整
キーワード 学校給食
商談会
販路 域内流通
取組タイプ 出荷調整(漁獲調整・蓄養など)
魚種 カニ
アマエビ
カレイ
カキ

浜プランの取組内容

1 機能的な流通システムの確立
(1)付加価値向上
① 堅ガニの漁獲
底びき網漁業者は、ズワイガニについて平成25年度から資源保護と有効利用を目的として「水ガニ」の漁獲自粛を開始した。この取組は、脱皮直後で低価格で取引される「水ガニ」の漁獲を自粛することで、漁獲を自粛した「水ガニ」を次の年には高単価で取引される成熟ガニ(通称「堅ガニ」)として漁獲することにより、収入・利益の拡大を図ることができるものである。今年度には昨年漁獲自粛した「水ガニ」の成熟後、初の漁獲が見込まれており、漁業収入の向上につなげることにする。
② 加工品の開発
漁協(小松支所)は、安価で大量に漁獲されるサゴシ(サワラの幼魚)、カワハギ、カナガシラなどの魚を対象に加工品の開発に市の協力も得ながら取り組むこととし、対象魚種や方法等について検討を行う中で魚価の向上を図る。
今年度はサゴシ(サワラの幼魚)のフライを試作し、支所の直売市で提供する。
③ イワガキの品質強化
漁協(加賀支所)で漁獲・出荷している、天然イワガキについては、シーズン直後は身入りにバラツキがあり低価格で取引されたり、過密な生息環境による成長阻害も見受けられている。
そこで、今年度から身入の向上や出荷期間の拡大を図るため、素潜り漁業者や漁協は、水産総合センターの指導のもと漁港内で蓄養試験を開始する。
(2)販路の多角化・開拓
① 販路の開拓等
ア 漁協は漁業者等の協力のもと、加賀地区の水産物の販路開拓を図るため、県や市とも連携しつつ、シーフードショーや大都市圏で開催される商談会に積極的に参加し、漁獲物(鮮魚・加工品)のPR等を行うことし、今年度は県外の消費地市場等を視察し、市場動向等について調査を行いつつ、今後のすすめ方を検討することにする。
イ 漁協(小松支所)においては、魚価安に対応するため地元JAの直売所への出荷を取り組むこととし、魚種や出荷方法等を検討することで漁業者収入の向上を図る。
ウ 漁協(美川支所)においては、地元JR駅前で開催されている「朝市」への鮮魚の出荷について検討することで漁業者収入の向上を図る。
また、新たな地域の特産種として行われているシラス漁に
ついてまだ歴史が浅いことから、漁業者等は、加工業者と連
携しながら知名度向上を図るため、地元の学校給食や飲食店
(ピザ店等)での利用を推進し、販路の開拓等を行う。
② 販路の多角化
加賀支所管内では、複数の定置網漁業者が操業しており、ブリ類等の大量漁獲時などは、同支所への出荷のみでは価格の著しい低下を招いている。
このため、漁協及び定置網漁業者は、大量漁獲時の魚価の向上を図るため、金沢市場等への出荷や冷海水を使用するなどの輸送時の鮮度管理について調査・検討を開始する。
また、小松や美川支所管内の定置網漁業者は「朝獲れの魚」の直売市をそれぞれ地元漁港において操業期間中開催し、収益の向上や価格の安定等を図る。
2 水産資源の回復と維持
(1)資源管理の推進
漁業者は、操業期間内に自主的な休漁期の設定等により資源管理を進め、さらに、以下については、さらに漁獲自粛等資源の管理、有効利用を強化する。
① 底びき網漁業者は、最重要魚種であるズワイガニについて、持続的漁獲を目指し、悪化している資源状況に対応するため、平成25年度から開始した香箱(メスガニ)の漁期を10日間短縮する取り組みを継続する。
さらに、脱皮直後で低価格で取引される「水ガ二」については漁獲を自粛し、資源の有効利用により収入の安定を図るとともに、効果的なTACの使用に努める。
また、甘エビについては、価格的にも安価な小型サイズの保護を図るため網目の拡大について検討する。
② 刺網漁業者等は、ヒラメについては、県下統一の取組みである、全長25cm未満の漁獲自粛に加え、加賀支所の活魚のヒラメについては漁獲自粛サイズを全長30cm(重量300g相当)に拡大し対策の強化を図る。
③ 素潜り漁業者は、サザエについて殻高6.5cm以下、アワビについては250g以下は再放流し資源管理を強化する。
(2)資源の増大
① 漁業者は、漁協と協力して県などから購入したヒラメやサザエの種苗放流を行い、資源の増大を図る。
② アワビ、サザエ等の生息環境の保全を強化するために、加賀支所管内においてはホンダワラの採取を全面的に禁止する。
また、底びき網漁業者は、操業中に網にかかったゴミ等については持ち帰り漁場機能の保全に努める。
3 魅力ある漁業経営の確立
(1)学校給食等での地元産水産物の利用促進
漁業関係者は、地元小中学校の給食において、地元の旬な水産物の利用を推進するとともに、利用されている魚の生態や漁法などを説明する出前講座も行い、魚食普及等を推進する。
(2)漁業後継者の育成・確保
漁業者は漁協とともに、県の漁業体験制度や国の新規漁業就業者の研修制度等を活用した就業者の確保・育成により、安定操業の実現に取り組む。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 石川県漁業協同組合(加賀)
住所 〒920-0022 石川県金沢市北安江3-1-38
電話番号 076-234-8815