石川県|中部外浦地区地域水産業再生委員会

石川県漁業協同組合(中部外浦)

取組概要 漁業者の漁港内での回転寿司店
キーワード 沖締め
学校給食
販路 その他
取組タイプ 出荷調整(漁獲調整・蓄養など)
魚種 ブリ
サバ
アマエビ
ズワイガニ
サーモン

浜プランの取組内容

1 機能的な流通システムの確立
(1)付加価値向上対策
① 漁協(西海支所)は、まき網で漁獲した小型のブリやサバは商品価値が低く、魚価も安いことから、海上生簀網で商品サイズまで飼育した後に出荷することや、かご漁で活かして漁獲した甘エビについて、漁獲後の船上や陸上水槽において1℃で飼育管理しながら、ビニール袋に滅菌海水とともにパック詰めし生かした状態で出荷するなど多様な付加価値向上策に取り組んできたところであるが、家庭での消費低迷等による現在の魚価安により厳しい状況が続いている。
そこで、新たに、子供や外国人にも人気のある寿司を漁協所属の定置網会社が支所とも連携しながら販売することにより、地元水産物の認知度のアップと付加価値向上に取り組むこととし、全国的にも珍しい漁業者による漁港内での回転寿司店を年度内に開店させることとする。
② 漁協(志賀支所)は、魚価向上対策として、これまで、マダイやヒラメなどを漁獲後箱立て前に紫外線殺菌冷海水で洗浄し、衛生・鮮度管理を行いながら出荷してきたが、魚価の向上には効果が限定的況であることから新たな衛生・鮮度管理対策について市場関係者等との協議を開始する。
(2)販路の多角化
① 直売所の開設
漁協(西海支所)は、これまで、まき網や定置網などでブリ類などが大量に漁獲された際には、臨時的に直売所を開設し販売してきたところであり、利用者の中には常設を求める声などもあったところである。
そこで、直売所利用者の要望や新たに開店する回転寿司の利用者が帰りの買い物や土産などとして地元の魚を買い求めることが出来るよう直売所の常設化を検討し、開設させることとする。
② 地域特産の岩がきについては次の取り組みを行う
ア 柴垣支所の採貝漁業者は、これまで岩ガキの通信販売を行ってきたが就業者の減少等により需要に応えることが難しくなってきた。
そこで、新たなに対策を検討し、漁期中の毎週火、金曜日に支所で直売市を開催し、収益の向上を図ることする。
イ 一方、高浜支所の採貝漁業者は、価格の安定化を図るために支所の荷捌所内に設置されている陸上水槽を活用し、出荷調整を行いながら金沢市内の産地や消費地市場へ出荷してきたところであるが、価格については厳しい状況が続いている。
そこで、県外の水産会社などに対する直接取引など、新たな販路開拓について検討を開始する。
(3)地元水産物のPR・即売等
① CD等を活用した商品PR
漁協(柴垣支所)は、特産の天然岩がきについて、販路開拓に向け、PR資材として昨年制作したCD「歌になった柴垣天然岩ガキ」の、さらなる普及を目指し、今年度は全国に向けて同曲のカラオケ配信を行うこととする。
また、柴垣産岩ガキを使用する飲食店や販売店ではCDを流してもらい、岩ガキのPRを推進する。
② イベント等による地元水産物のPR
志賀町富来漁港で、毎年2月に開催され定着してきた志賀祭大漁起舟祭で、漁業者や漁協は、鮮魚や加工品の即売等を通じ地元産の水産物のPRを図っていく。
また、漁業者等は地元志賀町の道の駅で水産物の販売を行い、地元水産物のPR・販売を行っているが、道の駅の新たな取り組みとして和歌山県の山間部の道の駅と姉妹協定を結び、互いに特産品を出荷することとなった。
志賀町からは地元で漁獲される水産物も出荷されることとし、この機会も活用して志賀町産の水産物のPRを図っていくこととし、出荷する内容について検討を開始する。
また、羽咋地区の漁業者等は、千里浜に建設を計画している道の駅について、地元水産物の漁獲状況等の情報提供を積極的に行いながら、道の駅での販売による収入の向上を図るための検討を開始する。
2 魅力ある漁業経営の確立
(1)体験地引網の開催
新幹線開業や能登里山街道の無料化により千里浜なぎさドラ
イブウェーへ観光客の増大が見込まれることから、地引網漁業者は、小学生等を対象にした体験地引網漁の開催を検討する。
(2)学校給食での地元産水産物の利用促進
管内の小中学校の給食において、地元の旬な水産物の利用を進めるため、漁業者や漁協は、原魚の供給に努めるとともに、利用された魚の生態や漁法などを説明する出前講座も行いながら、魚食普及並びに地元の水産業の理解を深める取組を行う。
(3)新規就業者の確保・育成
漁業者は漁協とともに、県の漁業体験制度や国の新規漁業就業者の研修制度等を活用した就業者の確保・育成により、安定操業の実現に取り組む。
3 水産資源の回復と維持
(1)資源管理の推進
全ての漁業者は、操業期間内に自主的な休漁期の設定等により資源管理を進める。
また、ズワイガニについては、持続的漁獲を目指し、悪化している資源状況に対応するため、平成25年度から開始した香箱(メスガニ)の漁期を10日間短縮する取り組みを継続する。
さらに、脱皮直後で低価格で取引される「水ガ二」については漁獲を自粛し、資源の有効利用により収入の安定を図るとともに、効果的なTACの使用に努める。
(2)資源の増殖
① 種苗放流
刺網等漁業者は漁協と協力して県などから購入したヒラメ、サザエ、アワビの種苗放流を行い、資源の増大を図る。
② 岩ノリ漁場の機能保全
福浦港支所の採藻漁業者は、岩ノリ漁場の機能を確保するためノリ面の清掃、除藻等を行いながらノリ漁場の機能の保全を図る。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 石川県漁業協同組合(中部外浦)
住所 〒920-0022 石川県金沢市北安江3-1-38
電話番号 076-234-8815