福井県|越廼地区地域水産業再生委員会

越廼漁業協同組合

取組概要 漁協加工事業の強化
キーワード 神経締め
微粒粉氷
販路 域外流通
取組タイプ 鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 イカ
サバ

浜プランの取組内容

①漁獲物の高鮮度出荷・規格統一による高付加価値化
刺網漁業者及び定置網漁業者は、漁協と協力して、漁獲物であるヒラメ(刺網)、タイ、ハマチ(定置網)を神経締め処理の実施や通常の角氷よりも漁獲物を均一に冷やすことの出来る微粒砕氷機の更なる活用により、徹底した高鮮度出荷を推進するとともに、仲卸からのニーズを踏まえた漁獲物の規格の統一化を図ることで高付加価値化を推進するため、市場流通業者等の関係者との協議を開始する。
②神経締めや高度衛生管理による高付加価値化
漁協は、漁業者とともに神経締めや高度衛生管理の技術向上に努め、高付加価値化を推進し、漁業所得の向上を図るための検討を開始する。また漁協は、これらの技術をマニュアル化して、関係漁業者に普及させることとする。
③漁協加工事業の強化
漁協加工事業部は、これまで福井市内の一部店舗や首都圏(南青山・銀座)に所在する福井県のアンテナショップ等だけに限定的に販売していた加工事業「こしの ぬかちゃんグループ」で製造する魚の漬け物である「へしこ」などの商品を、今後、農協の直売所、道の駅やインターネットを活用した個人への販売など、その販売先・販売手法の見直しを行うとともに、担い手・後継者の確保・育成に努めるため、福井市や福井県等の関係者との協議を開始する。
④バフンウニの陸上養殖の実証試験
漁協は、浅海漁業者と協力して、ウニの陸上養殖化に向け、福井市の委託試験業務において、稚ウニの養殖試験を実施し、漁業所得の向上を図る。
⑤イワガキ資源の分布状況調査
漁協は、浅海漁業者と協力して、県試験研究機関と連携し、未利用資源の一つであるイワガキの漁業展開を図るため、先ずは資源量調査を実施する。
⑥クエの種苗放流の継続
漁協は、遊漁船漁業者と協力して、稚魚放流事業を活用し、新たな漁業資源を育てることを目的に年間1,000匹程度のクエの種苗放流を実施し、漁業所得の向上を図る。
⑦漁村の活性化に資する取り組み
漁協は、全ての漁業者や市・県の担当者と漁村活性化のための体制づくり、遊漁船業の振興や漁場管理について検討を開始することとする。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 越廼漁業協同組合
住所 〒910-3552 福井県福井市茱崎町14-32
電話番号 0776-89-2316