静岡県|浜名地区地域水産業再生委員会

浜名漁業協同組合

取組概要 農水商工連携による水産物の付加価値化
キーワード 朝市

販路 域内流通
取組タイプ 新商品開発
魚種 シラス
アサリ

浜プランの取組内容

<資源管理対策>
①採貝漁業者は着定基質を入れた採苗ネットを浜名湖沿岸に設置し、アサリ天然採苗を行う。
②アサリ漁業者は漁協等と連携してパトロールなどを行うことにより、アサリの密漁を監視し、適切な採捕の指導を行う。また、アサリ漁業者は、1 日3 本(66kg)までの漁獲自主制限に努める。これらの取組により、資源の維持を図る。
③タキヤ漁業者は、アサリを食害し操業の安全を脅かすアカエイを駆除する。効率的にアカエイを駆除するための工夫として、水産技術研究所と協力し湖内における生態調査を実施する。
④袋網漁業者は、クルマエビ、ガザミ、ノコギリガザミ等の種苗を購入して放流し、資源増大に取り組む。放流種苗の生残率を高めるための工夫として、水産技術研究所と協力し放流場所の適地調査などを実施する。
<普及振興対策>
①舞阪港で定期的に行われている「えんばい朝市」に積極的に参加し、生シラスを販売したり、地元仲買人と協力し鮮魚や干物などの加工品を直売して消費者ニーズを把握する。
②浜松市及び湖西市の小学校等での魚料理教室、浜名湖で開催されるさまざまなイベントと連携した試食会等を開催し、地域での魚食普及を図る。
③浜松商工会議所が進める農水商工連携「浜松産の食材でヒット商品を作ろう」に参画し、地元水産物の高付加価値化を検討する。
④老朽化が進む製氷施設を修繕することより、現状よりも漁獲物に対して氷をスムーズにトラブルなく必要なときに適時、供給し、鮮度保持を狙う。
⑤タキヤ漁業者のホームページ活用でタキヤ漁をPR し、観光協会とも協力してタキヤ漁体験の乗客増加を図る。たきや漁は、小さなかぶせ網と突き棒の二つの道具を用いて、突いて獲る浜名湖独自の伝統漁法であり、夜間松明(たいまつ)を燃やして光源としていたことからタキヤとよばれるようになった。体験乗船は、夜間操業のみで、漁獲した魚を使って筏で宴会が可能である。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 浜名漁業協同組合
住所 〒431-0211 静岡県浜松市西区舞阪町舞阪2119-19
電話番号 053-592-2911