愛知県|南知多地区地域水産業再生委員会

豊浜漁業協同組合

取組概要 ブランド化による販路拡大
キーワード マリン・エコラベル
6次産業化
販路 域内流通
取組タイプ ブランド化
魚種 シャコ
アナゴ
ノリ

浜プランの取組内容

【魚価向上の取組】
① 名古屋から日帰り圏で知多半島の観光拠点である立地を活かし、豊浜石之浦地区において現在構想中の直販施設の検討を進めるとともに、南知多地区に4店舗ある直販施設への積極的な販路拡大を行う。・・・小型底びき網漁業(シャコ、アナゴ、サルエビなど)他
※既設の4店舗(豊浜2、師崎1、大井1)は、主に仲買人と水産加工業者が出店し、荷捌施設内や野天による販売を行っている。常設ではなく、地魚の取扱が少ない。また、衛生面にも課題がある。現在構想中の直販施設は、直接漁業者が出店できる形の直販施設とすることで、販売単価の向上(漁業者の手取り向上)を目指す。さらに、直販施設とあわせて、調理・飲食スペースを併設することにより、売れ残りの販売ロスや集客力向上を図る。
② 地元観光業者と連携し、地魚の積極的な使用を促す。具体的には、現在、必要数量が見込めないこと等により地魚の使用が敬遠されがちな大型宿泊施設に対して、ストック施設(一般客が活魚を見て選べるいけす等)の整備等により地場流通システムを構築し、地産地消を促す。・・・小型底びき網漁業(シャコ、アナゴ、サルエビなど)、はえ縄漁(トラフグ)、潜水漁業(ウチムラサキ、平貝など)他
③ 現在、「くろのり」だけを生産しているが、高価格で取引されるアオノリの混入した「混ぜのり」の生産を行う。(南知多では混ぜのりの生産を行ったことはないが、県内他地区では青混ぜのりは贈答用等として高値で取引されていることから、南知多でも新しく取り組むこととする。)・・・のり養殖業
④ 6次産業化推進事業などから生まれる商品や地元食材を使った産物に対して認証する地域ブランド(南知多産ブランド認証「ミーナの恵み」)を取得し、産業振興協議会(町内産業連携組織)の協力を得て販売を促進する。・・・船びき網漁業(カタクチイワシの魚醤、カタクチイワシのオリーブオイル漬け 他)
⑤ 生産地識別タグの取付を普及させ、④とあわせて「南知多産」の知名度アップを図る。・・・一本釣り漁業(タイ、アジなど)、はえ縄漁(トラフグ)、その他漁業(ガザミ、タコなど)他
※大きさ1kg以上のタイ、フグ等に匹単位で、タコ、アサリは袋単位でタグ付けを行い、これらの取組みを普及させることにより、魚価向上を目指す。
⑥ 愛知県しらす・いかなご船びき網連合会が取得している「マリン・エコラベル」の周知、普及拡大を図り、同漁業が水産資源と生態系の保護に積極的に取り組んでいることをアピールし、イメージアップを図る。・・・船びき網漁業(しらす、いかなご)
以上①から⑥の取組により平均魚価の2%向上を目指す。
【漁獲量を増やす取組】
愛知県及び南知多町と協力して、トラフグ、クルマエビ、ヒラメ等の栽培漁業を推進する。具体的には、種苗の放流匹数の増加、愛知県等が行う増殖場整備による増産、放流後の定着率を向上させるための放流最適地の調査、放流後の資源管理の強化等を新たに講じることにより、対象魚種漁獲量の2%向上を目指す。・・・はえ縄、小型底びき網、刺網他

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 豊浜漁業協同組合
住所 〒470-3412 愛知県知多郡南知多町大字豊浜字相筆29
電話番号 0569-65-0026