三重県|古和浦地域水産業再生委員会

三重外湾漁業協同組合(古和浦)

取組概要 魚類養殖業の高品質化・複合化
キーワード 「古和浦未来クラブ」
クルージング
販路 域内流通
取組タイプ ブランド化
魚種 イセエビ
タイ

浜プランの取組内容

① カサゴの放流や小型イセエビの再放流を実施し、積極的に資源保護を図りながら、漁獲量の拡大を図る。また、漁家所得の向上のため、ヒジキ藻場の拡大・造成に向けて、県や町の支援のもと漁業者によるヒジキ幼胚の採取や磯掃除、幼胚の散布等の試験に取り組む。
② 養殖マダイに三重県特産の海藻類、柑橘類、伊勢茶等を一定の割合で添加した飼料を給餌する「伊勢まだい」は通常のマダイに比べ高値で安定的に取引されていることから、伊勢まだい生産者で構成される生産者部会に参加するなど、三重県漁業協同組合連合会(以下三重漁連)と連携して販路の拡大に取り組む。また、複合養殖による収入の安定をめざし、アサリの垂下式養殖のための採苗ネットを用いた稚貝の採集試験を実施する。さらに、三重大学と中部電力の地域貢献事業と連携して、ヒロメの養殖試験やアラメ・カジメの藻場造成を実施するとともに、ヒロメ塩蔵品の作成試験に取り組む。
③ 魚価の向上を図るため、地元水産物を直売施設「古和浦未来クラブ」で販売、PRしていく仕組みの構築に向けた検討を行う。また、町が主催する魚食普及イベント「おさかなフェスタ南伊勢」に参加し、古和浦産水産物のPRを図る。
④ 「古和浦未来クラブ」が主催するスポーツイベントでの漁業体験等を開催し、魚食普及や後継者育成への発展を図る。また、都市住民との交流や観光漁業を推進するため、漁協が管理運営するクルージングの展開により、地域の活性化を図る。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/bousai/pdf/henko_mie_furuwaura.pdf

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 三重外湾漁業協同組合(古和浦)
住所 〒516-1308 三重県度会郡南伊勢町奈屋浦3
電話番号 0596-72-2244