三重県|大紀町地域水産業再生委員会

三重外湾漁業協同組合(大紀町)

取組概要 未利用魚を利用した商品開発
キーワード 学校給食
移動販売車
6次産業化
販路 域内流通
取組タイプ 新商品開発
魚種 ブリ
タイ
ヒロメ

浜プランの取組内容

① 県や町が整備を進めるイセエビ等の増殖礁周辺への小型イセエビの再放流や、木材魚礁を設置した海域へのカサゴ標識種苗の放流を実施し、積極的に資源保護を図りながら、漁獲量の拡大を図る。
② 養殖マダイに三重県特産の海藻類、柑橘類、伊勢茶等を一定の割合で添加した飼料を給餌する「伊勢まだい」は通常のマダイに比べ高値で安定的に取引されていることから、漁業者は、伊勢まだい生産者で構成される生産者部会に参加するなど、三重県漁業協同組合連合会(以下三重漁連)と連携して販路の拡大に取り組む。
③ 漁業者は、複合養殖による経営の安定化をめざし、養殖の主力魚種であるブリ、マダイの他に、1年程度と短期間で養殖できるカワハギの養殖に取り組む。また、複合養殖による収入の安定をめざし、アサリの垂下式養殖のための採苗ネットを用いた稚貝の採集試験を実施する。さらに、ヒロメの養殖の本格展開に向けた漁場の選定、養殖条件の設定を進めるとともに、生産したヒロメを用いた塩蔵品の開発を行う。
④ 漁業者は、魚価向上に向けた6次産業化を目指し、定置網やまき網で混獲される小型のイサギ等の未利用魚のミンチを利用したハンバーグや郷土料理であるブリの醤油漬けを活用したべっこう寿司丼などの商品開発を行う。また、平成25年12月にオープンした直売施設「魚々錦(とときん)」及び平成23年から開始した移動販売車「魚々錦号」を活用して、地元で加工したフィレ加工品や干物、つなぎに未利用海藻であるアカモクを利用したサバ団子の他、イサギのミンチ等の新たに開発した商品を販売することで、魚価の向上を図る。さらに、紀勢自動車道の奥伊勢パーキングエリアでの積極的な地元水産品の販売に向け、消費者により魅力的な商品提供を目指し、伊勢まだいの塩糀漬け等のパッケージの改良等に取り組む。
⑤ 年に一度開催される「錦ぶりまつり」を継続して実施し、交流人口の増加による魚家所得の向上を図るとともに、大紀町内の小中学校の給食にサバ団子や伊勢まだいの塩糀漬け等の商品を納入することにより、魚食普及に取り組む。また、「錦ぶりまつり」に合わせて開催する漁業体験等を通じて、定置網等への新規就業者の募集を行い、住居の斡旋等も含めて漁業者が県・町と連携して、新規就業者の定着を支援するための企画検討・支援を行うとともに、現在の漁業従業者が地域活性化の取組に積極的に参加することにより、地域漁業の主体的な担い手に育成を図る。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/bousai/attach/pdf/mie-2.pdf

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 三重外湾漁業協同組合(大紀町)
住所 〒516-1308 三重県度会郡南伊勢町奈屋浦3
電話番号 0596-72-2244