兵庫県|兵庫県地域水産業再生委員会家島部会

家島漁業協同組合

取組概要 直売所販売量増加に向けた活魚その場締めと、養殖ノリの生産増加と品質向上
キーワード 活魚締め
等級
観光
販路 域内流通
取組タイプ 鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 ノリ
シラサエビ
イカナゴ
シラス

浜プランの取組内容

(1)直接販売の拡大
○「とれとれ直売」での直販推進
 姫路市等消費者に対する「とれとれ直売」における鮮魚・活魚・海苔の販売と、水産物の調理・食べ方紹介。
○直接販売量増加に向けた、活魚その場締めなどの一次処理、可動式2トン活魚水槽の4基増設、夏季における船上での海水氷投入。
(2)ノリ養殖業の収入向上
○ノリ養殖業の大型乾燥機有効活用による枚数生産増加と品質向上(異物混入等によるロス率の低減)。
○ノリ養殖の健全種網の確保と漁場での管理(干出作業、ノリ網洗浄、酸処理)。
○最新鋭ノリ選別機導入による的確な等級づけを通じた浜の信頼性向上(ロット管理と品質安定)。
○新品種導入による良質ノリの生産。色落ち緩和策としての海底耕耘や栄養塩添加。
○良質ノリ刈り取りに向けた適期の判断(県水産技術センターが発信する漁場環境情報等を注視)
(3)荒天時への的確な対応による効率的な操業の確保
 漁港整備計画案の策定。荒天時における近隣他港への避難回避による休漁時間短縮と漁獲量増加。
(4)新規就業者の確保およびスキルアップ: 講習会参加支援など
(5)漁業情報の発信、都市住民との交流
 ○観光と漁業を組み合わせた「漁業の体感・体験プログラム」の開発。一般参加者の漁船乗船による漁業者とのふれあいと家島産魚食普及。
(6)付加価値のある水産加工品の商品開発(小型ヒイカ等の醤油漬け加工)。
(7)地域住民との連携による特産品開発
○地元高校生が開発した「小さな島のゴロゴロエビカレー」のレトルト商品化と販売促進。原料となるシラサエビなどの小型エビ提供。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 家島漁業協同組合
住所 〒672-0102 兵庫県姫路市家島町宮110-1
電話番号 (079)325-0007