兵庫県|兵庫県地域水産業再生委員会福良漁協部会

福良漁業協同組合

取組概要 帰港時刻繰り上げ・曳網時間短縮・漁獲物の冷却効率向上による鮮度向上
キーワード 帰港時刻
網外し器具
施設集約
販路 域内流通
取組タイプ 出荷調整(漁獲調整・蓄養など)
魚種 イカナゴ
シラス
トラフグ
ワカメ
ハモ

浜プランの取組内容

<漁獲物の品質向上>
 ①イカナゴ・シラスの鮮度向上: 曳網時間短縮、漁獲量調整、漁獲物の冷却効率向上、帰港時刻繰り上げ。
 ②漁具設置時間短縮による水揚げ時間短縮。網外し器具と手袋着用の徹底(メバル・カサゴ)。網外し器具使用と絡んだ網の切断(イセエビ)。
 ③トラフグ・ハモの活魚出荷: 漁船生簀での酸素ボンベ・エアレーションによる酸素供給と施氷による水温調整。
 ④サワラ・タチウオの船上鮮度向上: エラ締め血抜きと高保冷能力の保冷箱の導入。
 ⑤ワカメ養殖: 養殖漁場へ施肥(硫安袋の養殖場に投入)
 ⑥養殖トラフグ等の品質向上: 寄生虫付着防止に向けた養殖漁場での海底改良剤散布。

<資源の増大>
 ・投石による藻場の造成、アオリイカ産卵床設置、タコ産卵用蛸壺設置。マダイ、ヒラメ、マコガレイ、オニオコゼ、カサゴの中間育成等の栽培漁業。クロアワビ、サザエ、アカウニ等の有用種の放流。休漁日拡大、バックフィッシュ等の資源管理。
<漁協販売機能の強化>
 ・市場施設の集約による作業効率向上。入札時間短縮による共販運営効率化。
<地元消費の拡大>
 漁協は、全漁業者と協力し、以下の取組を行い、島内観光客や地元住民等の購入機会を増やすとともに、魚食普及により地元での消費拡大を図る。
  ①直販施設「あわじ島まるごと食の拠点」での地元水産物を販売(サワラ・タチウオ・アジ等)
  ②「水産物祭」によるPR: 地元仲買人、加工業者、商店街、料理店、民宿等と連携した「水産物祭」での直売・PR活動(養殖トラフグ、鳴門鯛、桜鯛、べっぴん鱧、マダコ、シラス干し)。
  ③毎月の朝市開催: 地元消費者や観光客への漁獲物を販売(シラス干し、煮干し、塩蔵ワカメ、タチウオやマイワシ等)
  ④学校給食への提供(淡路島3年とらふぐ)。地元小学校での地元漁業講義と料理教室開催(タチウオ、シラス干し、ノリ、ワカメ等)

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 福良漁業協同組合
住所 〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙28
電話番号 (0799)52-0064