和歌山県|湯浅湾地区地域水産業再生委員会

湯浅湾漁業協同組合

取組概要 シラスやアシアカエビのCAS冷凍保存による高鮮度化
キーワード 時間短縮
蓄養
CAS冷凍
販路 域内流通
取組タイプ 広告宣伝、イベント
魚種 シラス
アシアカエビ
ハモ
イカ
オニオコゼ

浜プランの取組内容

○販路拡大・付加価値の向上および消費拡大
 ①直売会の開催: 漁港内荷捌施設における直売開催の増加、および採介藻漁業者等の新規参画打診。 1年目の具体的取組として、タチウオ等の鮮魚、シラス、イワガキ、養殖ワカメなどの販売、および年間6回開催に向けた検討。
 ②鮮度保持等の高品質化による付加価値向上: 高鮮度シラスの水揚げと出荷量増大に向けた曳網時間短縮の検討。CAS冷凍シラスの地元消費者や県内外飲食店・宿泊施設向け販売拡大の方策検討。
 ③新商品の開発: 豊漁時の値崩れ対策として、アシアカエビCAS冷凍保存、加工業者との年間加工量の協議、シラス販売ルートに対する売り込みなど検討。
 ④活魚の共同出荷による魚価向上の取組み: ハモ・イカ類の蓄養および共同出荷による高価格時期での出荷(陸上水槽・廃船生け間の利用)。輸送車両統合による輸送費の抑制や梱包資材等大量一括購入による資材単価の抑制による出荷コストの削減。
 ⑤地産地消の推進: 毎年開催する「ゆあさの鯖っと鯵祭り」での水産物の販売等と地元魚PR。郡内小学校への水産教室開催や地元産水産物を用いた魚食普及活動。

○水産資源の維持・増大
 ①資源管理計画策定による水産資源の維持・増大: 資源回復に向けた定期休漁日の設定、減船。
 ②磯根資源の中間育成・種苗放流: 漁港内に設置した海面小割生簀におけるオニオコゼ種苗の中間育成および放流。
 ③漁場環境保全: 海底堆積ゴミ除去。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 湯浅湾漁業協同組合
住所 〒643-0004 和歌山県有田郡湯浅町湯浅3029
電話番号 (0737)62-4581