岡山県|岡山県地域水産業再生委員会倉敷市地区部会

下西漁業協同組合

取組概要 数量揃え・規格統一・鮮度保持処置を施した高級魚種の関東,関西圏等への鮮魚・活魚出荷。
キーワード 荷さばき所
少量多品種
放流
販路 域外流通
取組タイプ 出荷形態(共同化・集約化など)
魚種 タイ
ノリ
サワラ
タコ
ガザミ

浜プランの取組内容

①付加価値向上等による魚価の向上
 ・マダイの利用方法の検討(一夜干し等)。神経締め等の鮮度保持技術の習得(講習会参加等)。少量多品種の漁獲物の集荷方法の改善。高性能ノリ異物検出機導入によるノリの品質向上。ノリのタビュラリア等付着珪藻発生対策の協議。
②市場の動向をみた販売戦略と積極的な宣伝活動
 ・大量漁獲時におけるサワラ・マナガツオ等の出荷先の振り分け(関東,関西圏等)を通じた価格低下の防止。
 ・荷さばき所での数量揃え・規格統一・鮮度保持処置(施氷,脱血,活締め等)を施した都心部で評価の高い魚種(マダコ,ガザミ,ミルクイ,ハモ等)の関東,関西圏等への鮮魚・活魚出荷。
 ・「港町下津井魚島フェスティバル」等の地域活性化イベントにおける,たこめし,焼きアナゴ等の調理,地元産魚介類の対面販売を通じた,地元水産物の認知度向上と消費拡大。
 ・漁協の荷さばき所における近隣住民,観光客相手の対面販売、調理法説明を通じた魚介類の美味しい食べ方に普及。
 ・市長による大消費地でのトップセールス等を通じた岡山海苔のPR。
③資源管理,種苗放流等による資源増大
 ・市場単価の高い魚種の資源増大(キジハタ,ヒラメ等の種苗放流。オニオコゼの中間育成と放流。抱卵ガザミや稚ダコの再放流。サワラの受精卵放流)。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 下西漁業協同組合
住所 〒711-0927 岡山県倉敷市下津井2-4-67
電話番号 (086)479-9004