山口県|周南地区地域水産業再生委員会

山口県漁業協同組合 (周南統括支店)

取組概要 抱卵雌タコ・ガザミ保護による資源増大
キーワード 抱卵
活魚
新商品
販路 域内流通
取組タイプ 出荷調整(漁獲調整・蓄養など)
魚種 タコ
フグ
ヒジキ
ハモ
イワガキ

浜プランの取組内容

○資源管理対策
 ・規格外オコゼの再放流、抱卵ガザミの買取り・放流による資源増大。
 ・タコ産卵時期直前の産卵用のたこつぼ沈設による産卵環境整備。産卵期のたこつぼ禁漁による抱卵雌タコの保護。
 ・耕耘による干潟環境の改善、漂着物除去、藻場の再生等の継続によるアサリ等の資源管理。
 ・自警船での地先漁場定期監視によるナマコ、サザエ等定着性魚種保護。
 ・フグ、カサゴ、カレイ、キジハタ等の種苗放流結果の検証と放流場所の工夫。ヨシエビ稚魚の中間育成後の種苗放流。
○地域主幹漁業の振興対策
 ・経営グループ化推進による活ハモの販売量増加。船上マット導入の統一化。
 ・小サバ、イシダイの蓄養と、数量調整出荷。
 ・新設する道の駅での漁獲物の直接販売開始(市場で値段がつかない小型魚の販売実績検証・分析と販売方法へのフィードバック)。
 ・周南市と連携した周南ブランド「徳山ふぐ」、「周防はも」、「周南たこ」の地元メディア宣伝、祭り・物産展でのPR等を通じた県内認知度向上。
○漁業経営体等の育成対策
 ・春の長ヒジキの素干技術を活用したグループ共同出荷。
 ・イワガキ養殖の課題等洗い出しと改善策による新たな地域の特産品づくり。
 ・料理教室やイベントを通じた消費者・子供達への魚の味や食べ方を伝える活動の継続(市や学校が行う料理教室への講師参加、ふれあい物産展などイベントでの魚料理販売)。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 山口県漁業協同組合 (周南統括支店)
住所 〒750-0065 山口県下関市伊崎町1-4-24
電話番号 (083)231-2211