高知県|宿毛湾水産業再生委員会

すくも湾漁業協同組合

取組概要 活餌用カタクチイワシ安定供給システム
キーワード 活餌
産地直送航空便
輸出
販路 域外流通
取組タイプ 出荷形態(共同化・集約化など)
魚種 ブリ
カタクチイワシ
タイ
キビナゴ
シイラ

浜プランの取組内容

○漁業生産高の向上
 ・沈設魚礁における「シェルナース」の効果試験(数カ月間海中に設置し、餌生物の付着状況を確認)
 ・カツオ竿釣り活餌用カタクチイワシ安定供給システムの開発試験(①夜間に採捕したカタクチイワシを②漁場から直接蓄養場まで船で運搬し③蓄養場において給餌・管理しながら、④適宜カツオ竿釣漁船へ販売)
 ・首都圏へ向けた高鮮度物流ルートの構築(養殖ブリ・マダイの早朝〆高鮮度と産地直送を売りとした新たな航空便等物流ルートの構築)
 ・生鮮キビナゴや養殖マダイのゆうパック・カタログ全国販売
 ・商談会への出展(マダイ、ブリ、シイラ等の販路拡大に向けた大都市圏商談会への出展)
 ・養殖魚の中国向け活魚輸出試験(総合商社と連携した、活魚輸出→中国内での蓄養→中国内における活魚の適宜販売のビジネスモデル構築。まずは養殖ブリおよびマダイの魚運搬船で中国に輸出する実証試験)
 ・養殖マダイのブランド化・販路開拓(県内量販店や市場卸売業者、県外鮮魚小売りチェーン等に対する営業活動。小売店舗での試食販売)
 ・イサキ、カサゴの種苗放流、藻場保全およびアオリイカ産卵床の設置

○水産加工の振興
 ・養殖ブリ4万尾のフィレ加工・出荷事業の着手
 ・女性部加工事業への支援(アジ加工品等のイベント出展・新商品開発・販路獲得)
 ・JF自身の加工事業(ブリ、マダイ、シイラ等の学校給食や病院食向け切り身製造の加工技術向上。一般消費者向けの商品開発)

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 すくも湾漁業協同組合
住所 〒788-0261 高知県宿毛市小筑紫町田ノ浦1337-2
電話番号 (0880)62-3177