福岡県| 宗像地区地域水産業再生委員会

宗像漁業協同組合

取組概要 トラフグを「鐘崎天然とらふく」としてブランド化
キーワード 鐘崎天然とらふく
学校給食
販路 域外流通
取組タイプ ブランド化
魚種 トラフグ
イカ
アワビ

浜プランの取組内容

① 魚価向上のための取り組み
・漁協、鐘崎ふく延縄船団は、市場出荷に頼っていたトラフグやカナトフグなどの天然フグの販路拡大や消費拡大を図るために観光協会、商工会、市、県等と連携して「鐘崎ふくフェア実行委員会」を設置し、トラフグを「鐘崎天然とらふく」、トラフグ以外のフグ類を「鐘崎天然ふく」として商標登録を取得し、フェアを実施し、「鐘崎産」の知名度を高めブランドを確立し魚価の向上を図る。
・漁協は、海外輸出を見据え、県と連携して天然トラフグ等の海外での市況調査を行う。
・漁協は、フグの取扱量を増やすために、ふぐ調理師資格の取得者を増やすなど職員の技術向上に取り組む。
・まき網5ヵ統は、ロットを揃えることにより魚価向上を図るため協業化を推進し、併せて費用削減を推進する。初年度は船団ごとに配置されている探索船の共同探索を進め、探索情報の共有化によって全体での効率的な探索体制を構築し、探索船の削減に結びつける。更に、運搬船の効率的な運用を図るため共同運搬の実施を検討する。
・漁協は、活イカや真鯛などの活魚販売を強化するため、鮮魚販売が中心で活魚販売はしていない「道の駅むなかた」において、鐘崎本所にある活魚センターの広告宣伝を実施する。また、数量が少なくサイズもバラバラで市場出荷に不向きな高級小口活魚の取り扱いを増やして少量多魚種の販売に取り組む。
②6次産業化による未利用資源の商品化及び低価格魚の付加価値向上
・漁協は、平成26年度に加工施設を拡充整備し、ふぐ籠漁で秋口に大量に漁獲されるカナトフグ(シロサバフグ)やふぐ延縄漁業での副産物として漁獲されるシマフグなどの低価格魚に身欠き処理などの加工を行い冷凍保管し、需要が増加する鍋シーズンに販売することで収益の増加を図る。また、活魚販売における弱りやしまり等の在庫ロスを軽減するため、商品価値が落ちる前に加工、冷凍処理し、周年商材として販売することにより収益の増加を図る。
・漁協は、商品の品質を向上させるために、輸送等流通上の問題を検証し、必要に応じて改善や新たな方法を検討する。
③消費拡大の取り組み
・漁協は、学校給食に骨が少なく子どもにも食べやすいカナトフグ(シロサバフグ)を、鐘崎天然ふくのPRとして食材提供するとともに食材に関する食育教育を実施し、魚への関心を強め魚食普及を図る。
・漁協は、宗像市水産物消費拡大企画委員会と積極的に連携し、地元イベント等で、地元産魚介類の消費拡大に取り組む。
④養殖の取り組み
・県水産海洋技術センターの指導の下カキの養殖を試験的に行っている漁業者は、試験出荷を行う。
⑤資源の増加に向けた取り組み
・鐘崎ふく延縄船団は、現在実施しているトラフグ稚魚放流を、適地適サイズで放流させ有効尾数の増加を目指すとともに、広調委による資源管理指針における再放流の体長制限25cm以下を1~3月について35cm以下に拡大する自主規制を行い、将来的な資源の増加を図る。また、近年増加しつつあるはえ縄漁の対象魚種のひとつであるアマダイ稚魚の放流を県水産海洋技術センターの放流効果の調査を基に適正に実施し資源の増加を図る。
・宗像地区海洋清掃協議会及び磯根保全対策協議会を構成する漁業者は、協力して漁場の清掃を行い、ガンガゼ、バリ、イスズミなどの食害生物の除去を行う。また、現在実施中のクロアワビの中間育成を引き続き行うとともに、新たにメガイアワビ、アカウニの放流を行い資源の増加を図る。
・漁協及び漁業者は、磯焼けを防ぎ、藻場を造成してアワビ、サザエ等の資源増加を図るため、投石や藻場ブロックの設置を市に要望する。
⑥漁業者育成と漁村活性化の取り組み
・漁協は、熟練した漁業者を講師として、漁家の後継者候補等に対する研修を実施し、後継者の育成に努めるとともに、県の新規就業セミナー等を活用して新規漁業従事者の確保を図る。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 宗像漁業協同組合
住所 〒811-3512 福岡県宗像市鐘崎字浜778-5
電話番号 0940-62-1500