福岡県|福岡市地域水産業再生委員会

福岡市漁業協同組合

取組概要 ブランド化および魚食普及活動
キーワード 活き締め
一本槍
小呂島漁師のしまごはん
販路 その他
取組タイプ ブランド化
魚種 イカ
サワラ
タイ
アサリ

浜プランの取組内容

(1) 魚の付加価値向上及び国内外での販路拡大
・ 一本釣漁業者は、サワラ等の付加価値向上のため、活き締め・血抜き等の取扱い方法等について先進地(岡山魚市等)より学び情報を収集する。
・ 一本釣漁業者は、福岡県漁業協同組合連合会が行っている福岡県産釣りヤリイカブランド「一本槍」(平成25年制定 胴長15センチ以上の活イカ )への出品参加により、魚価の向上を図る。
・ まき網漁業者は、加工場を活用し大量に獲れた時のヤズ(ブリの子)をフレークに加工した「小呂島漁師のしまごはん」など加工品を開発し,常設販売など販路拡大に努める。
・ 漁協は、夏場の高温対策として低水温循環型方式を導入するため、活魚浄化水槽施設を設置して、マダイ、アサリ等について活魚出荷や出荷調整の拡大により魚価の向上を図る。
・ 漁協は漁業者とともに、漁家経営の多角化により経営の安定化を図るため、唐泊支所以外においても、新たにカキ養殖の導入を図る。これまでに、県の指導を受けつつ試験的に飼育方法を検討し、平成25年に区画漁業権を取得した2箇所において、有志によるカキ養殖を行う。
・ 漁協は漁業者とともに、将来的に導入する博多湾内での養殖業について、海藻類、二枚貝(アカモク、アサリ等)などの選定協議を行う。
・ 海苔養殖業は、新たに海苔養殖育苗干出装置を取得して、病害等に強い海苔を育苗し、安定的生産よる漁獲量の増大に努める。
・ 漁協は、現在取引を行っている各魚市場との意見交換や情報収集により、魚種別に高値で取引できる市場の選定を行うとともに運搬業者や出荷体制を検討する。
・ 漁協は、福岡市と連携して、一次産品のブランド化に資する製品・サービスやブランドの企画開発・一次産品の海外輸出を含めた拡販に資するマーケティング・各種プレゼンテーション等を目的として、レストラン機能を付加した「マーケティング拠点施設」(福岡海鮮酒場 博多家(Hakata House))を整備する。
・ 漁協女性部は、自ら講師となって市内中学校に出向く「お魚料理教室」及び親子を対象とした「親子でチャレンジ!お魚料理教室」を行い、食育を通じて魚食の普及に努める。
・ 漁協は、水産物の消費拡大や水産業への理解・関心を促進し、漁家経営強化を図るために、漁協内4支所にて朝市・夕市を開催するとともに、カキ小屋の運営やさかなまつりの開催、さらには都心部において「農林水産まつり」に参画し水産業のPRを行う。また、小型底曳網漁業者等による漁業体験、博多湾親子地引網を通じて市民への水産業の理解に努める。
以上により、6次産業化を推進し、漁業者の所得向上を図る。
(2) 漁場環境の改善と種苗放流等による資源増大
・ 漁協青壮年部を始め、博多湾内漁業者は、環境改善の為に博多湾の海底耕耘、海底清掃を行い漁場の保全に努める。また森林への植林事業を通じて、豊かな海の再生に努める。
・ 二双吾智網漁業者、まき網漁業者、はえ縄漁業者は、沖合の操業海域での海中漂流物などの回収を行い、操業に支障が無いように海域の保全を図る。二双吾智網漁業者、採貝藻漁業者は、福岡市の支援を受け人工魚礁及び築いそを設置することにより漁獲物の安定供給に努める。
・ 採貝藻漁業者を中心として、磯焼けの原因となるガンガゼの駆除を行い、再生の為にホンダワラ類の母藻投入による藻場造成を図り、アワビ・アカウニの放流により磯資源の向上に努める。
・ 漁業者は、福岡市と連携してアサリが育つ環境づくりを行うため、博多湾内での干潟での海底耕耘、食害生物の除去、アサリの種苗放流等を実施する。二枚貝が持つ水質浄化機能により,将来にわたって博多湾を魚が住みやすい環境にすることに努める。
・ 漁協は漁業者とともに、クルマエビ、ヨシエビ、ガザミ、アワビ、アサリ、アカウニ、メバルなどの種苗放流を行い、資源の維持増大と漁獲向上に努める。併せて放流方法の検証を行い効果の向上につなげる。また、資源量の増大を目指すため中間育成施設を活用し新たに中間育成を行う魚種について検討する。
以上の取組により漁業収入を基準年より0.1%向上させる。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 福岡市漁業協同組合
住所 〒819-0013 福岡県福岡市西区愛宕浜4-49-1
電話番号 092-881-4300