長崎県|対馬地区地域水産業再生委員会(伊奈漁業協同組合)

伊奈漁業協同組合

取組概要 一本釣りで漁獲したサバを「いなサバ」としてブランド化
キーワード いなサバ
出荷統一
直接販売
販路 域外流通
取組タイプ ブランド化
魚種 サバ
イカ
ヨコワ
カツオ
カツオ

浜プランの取組内容

①魚価向上の取組
・サバに関する取組 
平成21年度から一本釣りで漁獲したサバを「いなサバ」のネーミングで売り出しているが、今後、「いなサバ」の市場での評価を更に高めるため、漁業者は、釣り上げたサバをすぐに水氷に入れ6時間以上保冷庫で保管し、出荷の際は魚体に傷が無いか確認のもと、一箱の重量が必ず5㎏から5.5㎏の出荷数量になるよう徹底したサイズ選別を行う。上記の出荷統一を図るため、漁協は漁業者に対する勉強会を開催する。また、市場評価や信頼度を高めるため、漁協は出荷後の状況、例えば魚体に傷があるか、サイズ不統一など問題点を市場関係者から確認し、問題があれば漁業者に改善を求める指導を行う。漁協は、地元スーパーでの直売を試験的に実施するとともに福岡の卸業者にも直接販売を行うことで、新たなニーズの獲得と販路の開拓を目指す。併せて、「いなサバ」のPRを展開するためポスター、のぼり、ハッピ、Tシャツを市場や関係団体に提供し、知名度の向上を図る。
・水イカに関する取組 
漁協は福岡市場より高価で取引が望める他市場を調査し、その時の状況に応じ出荷先を変えることで漁業者の収益向上を図る。・アカムツに関する取組漁業者は漁獲後、十分な水氷を張った保冷庫に保管のもと、出荷サイズを大、中、小と選別し、1箱当たり5㎏の出荷数量になるよう出荷重量の統一を徹底する。上記取り組みの周知、徹底を行うため漁協は漁業者に対し講習会等を開催する。また、漁協は出荷数量の割合を、福岡市場から高価で取引が行える福岡の卸業者へ徐々にシフトすることにより漁業者の収益向上を目指す。そのため今年度、卸業関係者と協議を実施する。
②販路拡大に向けた取組
《定置網漁業》
定置網漁業者は、漁獲物の種類別、サイズ別の箱詰めを行い市場へ出荷するほか、「いなサバ」の地元への直接販売と併せて行うよう漁協と企画し地産地消を推進することで島内の需要を高め漁業者の収益向上を目指す。
③資源回復に向けた取組
《全漁業者》
全漁業者は、クエ、アラカブ、アワビなど収益性が見込める魚種等の種苗放流やウニの移植、水イカの産卵場の整備を漁協と連携し行い、水産資源の維持及び増大に務める。
《ヒジキ試験養殖業者》
一部の漁業者は、ヒジキ養殖を今年度、試験的に取り組むことで安定的な漁業収益を目指すとともに藻場の回復を図るため、周辺の磯場にヒジキが着生するか実証試験を行う。

漁協は、県の「21世紀の漁業担い手確保推進事業」等を活用し、県・市と連携しながら後継者の育成、新規漁業者の確保を図る。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 伊奈漁業協同組合
住所 〒817-1532 長崎県対馬市上県町伊奈1279-4
電話番号 0920-85-0069