長崎県|対馬地区地域水産業再生委員会(佐須奈漁業協同組合)

佐須奈漁業協同組合

取組概要 鮮度処理の徹底による魚価向上
キーワード 船上活き締め
対馬さば
神経締め
販路 域外流通
取組タイプ 鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 サワラ
サバ
ブリ
マグロ

浜プランの取組内容

「鮮度処理の徹底による魚価向上への取組」
 一本釣り漁業のうち一部の漁業者は、サバを漁獲後、船上で活〆、血抜き、神経抜きの処理をしっかり行ったうえで、水氷で十分に冷やし、一箱ずつ必ず5㎏から5.5㎏の出荷数量になるようサイズ選別を的確に行い出荷しているが、このようなサバは一箱当たりの価格が通常のものよりも数千円程度高いことから、漁協は、当該事例を参考に、上記取り組みを漁業者全員が実施するよう、学習会の開催等を通じて取り組みの周知徹底を図り魚価の向上を目指す。また、漁協は上記の処理を適切に行った魚箱について「対馬さば(しまさば)」のステッカーを貼り、出荷することで他産地との差別化を図る。
 サワラ・ブリ・マグロは、水揚げ後、船上にて活〆、血抜き処理を行うとともに当該魚種を保冷箱に入れる際、魚体に直接氷が当たることで変色・変形が生じることのないよう、漁業者は、魚体の上にマット等を敷き、直接氷が当たらないように徹底した品質管理を行う。漁協は、上記の処理を的確に行うために、漁業者に対し学習会等を開催する。また、サワラの知名度を図るため、適切に処理が行われたサワラに対し専用のタグを一匹ずつエラ付近に付けるとともに、魚箱には活〆スタンプを押印し佐須奈漁協産サワラとしてPRを展開し、他産地との差別化を図ることで、市場からの信用と魚価向上を図る。
「販路拡大に向けた取り組み」
漁協は、一本釣り漁業で漁獲された水産物を、福岡市場よりも更に高価で取引が期待できる関東・関西方面に販路先を開拓できないか検討を行うほか、地元スーパーや飲食店等へ直販することを市や関係団体と協議、検討を行い、地産地消を推進することで島内需要を高め、漁業者の収益向上を目指す。
「資源回復に向けた取り組み」
採介藻漁業は、漁協と連携し、アワビの種苗放流を行う。また、全ての漁業者はクエの稚魚放流及びガンガゼ駆除並びに海岸清掃を実施し、持続可能な漁場環境の改善と資源回復に努める。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 佐須奈漁業協同組合
住所 〒817-1602 長崎県対馬市上県町佐須奈乙1164-3
電話番号 0920-84-2306