長崎県|対馬地区地域水産業再生委員会(上県町漁業協同組合)

上県町漁業協同組合

取組概要 アカムツを「紅瞳」として消費市場に出荷
キーワード 船上活き締め
インターネット販売
紅瞳
販路 域外流通
取組タイプ 鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 サバ
イカ
アカムツ
アナゴ

浜プランの取組内容

①鮮度向上維持及び魚価向上に向けた取組
《一本釣り(イカ釣り含む。)・延縄・採介藻漁業》
・サバは、各漁業者がそれぞれ箱立てしているが、出荷サイズが均一でなく、釣り上げ後の処理も漁業者により異なっているため、市場において低価で取引がされるケースが多い。このため、漁協は漁業者に対し船上での活〆、十分な氷水を張った保冷箱での保管を推進する勉強会を開催するとともにサイズを揃え、一箱当たり5㎏とするよう出荷基準を定め、周知、徹底することで市場からの信用を高め、魚価の向上を目指す。将来的には神経締めも導入し、鮮度をより高めるよう漁業者と協議する。
・イカは、漁協、漁業者が市場ニーズにあった出荷基準(箱の入り数、氷の度合い、イカの色、艶など)を市場調査し、その結果をとりまとめて改善案を検討整理して漁業者に周知、徹底することで市場評価を高める。また、市場と漁協が連携し出荷後の評価を確認し、漁協が評価に基づく改善点を整理して漁業者に対する指導を行い、出荷基準の更なる統一を図ることで魚価向上を目指す。また、漁協は流通業者に対し、出荷作業の際に箱が傾かないよう依頼する。
・アカムツは、平成17年度から「紅瞳」と名打って主に福岡、金沢、東京方面へ出荷し高評価で流通している。しかし、連休や豊漁時に価格の低下を招いているため、漁協は新たに大阪方面へ販路を拡大することで価格の低価を防ぎ需要拡大を図ることとし、サンプル出荷や訪問営業に取り組む。併せて、市場ニーズに応じ4段ものの小さいサイズも出荷することで需要度を広げ、漁業者の収入増を目指す。また、地元の加工業者が「のどぐろの開き」としてインターネットで販売を行っているが当該加工業者と連携することで「紅瞳」の価値を高める。
更なる知名度の向上のためポスター、卓上メモ、クリアフォルダーを活用し、市場や関係団体へPRする。
《アナゴ籠漁業》
・アナゴは、活魚で福岡市場や地元業者へ出荷しており、出漁すると漁場で3日間滞在する場合もある。特に、夏場は高水温のためへい死することが多く収益の低下を招くため、漁船に冷却装置が未整備の4漁船に当該装置の設置を検討し、適切な水温管理とこまめな氷の補充により、生残率を高めることで、収益の向上を図る。
②新たな漁業への取組
《採介藻漁業(一本釣り兼業)》
・採介藻漁業者は、安定的な漁業収入の向上を目指すため漁協及び関係機関と連携し、ヒジキ養殖及びカキ養殖を試行的に行い、平成28年度に本格的な操業開始を目指す。
③資源回復に向けた取組
《全ての漁業者》
全漁業者は、アワビの種苗放流やガンガゼ駆除、沿岸清掃を実施し、水産資源の回復に務める。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 上県町漁業協同組合
住所 〒817-1511 長崎県対馬市上県町鹿見字京ヶ崎13-3
電話番号 0920-85-0509