長崎県|対馬地区地域水産業再生委員会(上対馬南漁業協同組合)

上対馬南漁業協同組合

取組概要 漁獲物を消費市場に直接出荷
キーワード 船上活き締め
出荷集約
時間短縮
販路 域外流通
取組タイプ 出荷形態(共同化・集約化など)
魚種 アマダイ
アジ
サバ
イワシ
イカ

浜プランの取組内容

①【旋網漁業の取り組み】
・当漁業は夜間に操業し、現在、早朝に漁協へ出荷後、漁協が午後から九州本土行きのフェリーに積み込み出荷しているが、そのため鮮度が低下し市場における価格も低価となる。この状況を改善するため、漁業者は操業後、直接、福岡又は佐賀の市場へ漁獲物を運搬し、水揚げから出荷までの時間を短縮することで鮮度の低下を防ぎ、魚価向上を目指す。漁業者は上記取り組みを今年度から試験的に行い、平成28年度本格実施に向けて取り組む。また、漁網の改善にも取り組み、使用する網を有結節網から漁獲物の擦れを軽減する無結節網へと取り替えを検討し、従来よりも一層、鮮度の高い鮮魚を出荷することで市場の信用性と魚価向上を目指す。
②【延縄漁業の取り組み】
・アマダイ・レンコダイを主力魚としてる当漁業は、漁業者が個別に鮮魚立てをしているため出荷サイズが不揃いとなり、市場で安価となるケースがある。この状況を改善するため、漁協が水揚げ・出荷を集約実施し、水氷で管理後、サイズを統一して鮮魚を市場に出荷することで、魚価の向上を目指す。また、アマダイについては、大阪、京都方面に出荷を行っているため、下氷をした箱を再度、漁協内の冷蔵庫で凍らした後、鮮魚立てを行うことで、しっかりとした鮮度保持を行い魚価向上を目指す。上記の取り組みを漁協と漁業者が今年度から協議、検討し、平成28年度実施に向けて取り組む。
③【穴子籠漁業の取り組み】・漁業者は、漁具の籠が汚れると穴子が入らず漁獲量の減少を招くため、籠の洗浄頻度を従来より高め漁獲量の向上を図る。また、殆どが活魚による出荷のため、漁獲後、魚槽内でへい死する状況を改善すべく、今年度、全船に冷水装置を整備する。また、夏季には氷をこまめに魚槽へ入れ低水温を保つことで生残率を高め、収益の向上を図る。
④【イカ釣り漁業の取り組み】
・当漁業は、5トンクラスの小規模な漁船で操業を行う沿岸漁業で、「鉛スッテ」、「紅白の浮きスッテ」を使用しているが、漁業者は更なる漁獲の向上を図るため、定置で捕れた未利用魚(アイゴ)やトビウオなどを「餌まきスッテ」や「エビスッテ」などに加工して漁具の改善を行うことで、漁獲量の向上を目指す。漁協は、漁業者に勉強会、講習会を開催し、実用化に向け平成27年度には、試験的な操業を行う。
⑤【曳縄漁業、刺網、鉾突漁業の取り組み】
・漁業者は漁獲したヨコワ・サワラ類を水揚げ後、船上で直ちに脱血を行い、十分な氷を詰めた保冷庫に保管することで鮮度保持を行う。また、出荷規格(1入4㎏以上、2入2㎏から3㎏、3入1.7㎏から2㎏)の統一に取り組み市場から信頼を高めることで魚価向上を目指す。上記の取り組みを、漁協は市場関係者等から講師を招き勉強会を開催するなど、漁業者に周知、徹底を行うことで魚価向上を目指す。・刺網、鉾突漁業は、アワビなどは採捕の際に傷が付くと出荷できないことから、これを改善するため、採捕技術の向上に向けた学習会や漁具の改良を漁業者自らが検討し実施することで収益の向上を目指す。併せて、傷アワビについては新たな販路先の開拓を漁協が調査、検討する。また、アワビの種苗放流を漁業者が行い、資源の回復に努める。
⑥【全ての漁業の取り組み】
・全ての漁業者は、漁協と連携し将来的に収益性が見込めるクエ等の種苗放流を積極的に実施する。また、漁場生産力の回復を図るためイカの産卵場の形成を行う傍ら、漁業者自ら海岸清掃等に取り組み持続可能な漁場の維持、管理に努める。・隣接漁協に所在し、当漁協と共同運営を行っている製氷施設が老朽化しているため、漁協は、漁協内に新たな製氷施設設備に向けた具体的検討を平成28年度までに行い、平成29年度整備を目指すことで安定的な供給体制を構築し、漁業収益の向上を図る。
⑦【漁協の取り組み】
・漁協は、新規漁業者の確保に向け県の「21世紀の漁業担い手確保推進事業」等を活用し、県・市と連携しながら、新規漁業者の確保に取り組む。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 上対馬南漁業協同組合
住所 〒817-2331 長崎県対馬市上対馬町琴1247
電話番号 0920-87-0316