長崎県|対馬地区地域水産業再生委員会(美津島町漁業協同組合)

美津島町漁業協同組合

取組概要 養殖マグロを「トロの華」としてブランド化
キーワード 規格基準設定
荷捌き施設
地域ブランド
販路 域外流通
取組タイプ ブランド化
魚種 マグロ
イカ
ヨコワ

浜プランの取組内容

・まぐろ養殖漁業者は、県マグロ養殖協議会に会員として参加するとともに、県との間でも「長崎県産養殖クロマグロ認定委員会」を設立することとしている。同委員会において養殖クロマグロのブランド化が図られるよう、県下統一の規格基準(脂肪含有率、トロや赤身の割合等、基準達成のための投餌方法の統一等を想定)の設定を目指すとともに、関東方面などの消費地を対象に積極的なPR活動を展開する。
・全漁業者は、分散した各陸揚げ地から集荷の上、本土へ搬送する現在の鮮魚流通体制を見直すべく、製氷工場を有する池の浦港に荷捌き施設の整備を検討し、流通の拠点化、鮮度管理の徹底及び出荷作業の効率化・省力化を図り、漁業収入の向上を目指す。
・一本釣り漁業者は、釣り上げた後の処理と保管を迅速に行うため、魚槽にあらかじめ魚を締めるための氷を十分に詰めることや、魚が回遊しやすい改良型(丸形)の魚槽を甲板に設置すること等により、鮮度保持や活魚の生残率をあげることにより品質を向上させ、荷受業者の信頼を得ることにより価格の向上を図る。
特に、ヤリイカやヨコワについて対馬産の地域ブランド化を普及させるため、漁協と連携して、設定している選別基準を徹底するとともに、全ての魚箱にステッカーをはることにより、規格統一の意識と地域ブランド化を目指す。
また、一本釣り漁業者の中には、2年前から試行的にヒジキ養殖を兼業で実施しており順調に進んでいる。今後、ヒジキ養殖の拡大を図り、漁業収入の向上を目指す。(基準年度から25%増加)
・漁業者グループによる磯場清掃や母藻移植等の取組を継続に行い、併せて県や関係機関と連携し、効果的な藻場育生を実施する。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 美津島町漁業協同組合
住所 〒817-0324 長崎県対馬市美津島町久須保711-10
電話番号 0920-54-5020