長崎県|対馬地区地域水産業再生委員会(美津島町高浜漁業協同組合)

美津島町高浜漁業協同組合

取組概要 鮮魚出荷から活魚出荷への切り替え
キーワード 活魚出荷
神経締め
脱血処理
販路 域外流通
取組タイプ 出荷調整(漁獲調整・蓄養など)
魚種 ブリ
タイ
イカ
アワビ
サザエ

浜プランの取組内容

①魚価向上に向けた取組
《延縄漁業》
延縄漁業は、主にブリ、マダイの魚種を水揚げしているが、漁業者はブリの市場単価を高めるため、漁獲後、船倉や漁協湾内にある生け簀に活かし、年末や時化た時など市場で高価に取引がされる時期にあわせ、漁協と連携しながら出荷調整を行う。また、運搬船を活用し、活魚としてブリを本土市場へ新たに出荷することで、魚価の向上を目指す。マダイは春から夏の水揚げ最盛期には、鮮魚出荷から高価で取引可能な活魚コンテナを用いた活魚出荷に切り替える。また、出荷先を福岡から関西方面へとシフトすることで、魚価の向上を図る。今年度、漁協は漁業者と連携し、既存のコンテナを活用した実施に向けて準備を進める。
《一本釣り漁業、イカ釣り漁業》
一本釣り漁業は、十分な氷を出航前に漁船に積み込み、キンメやメダイなどについては神経締めや血抜きを行い直ちに水氷で管理することで高鮮度の状態で市場へ出荷することにより価値を高めていく。併せて、イカ釣り漁業者も含め出荷時の規格(イカ:大2段12入、中2段半18入、小3段24入、更に小さいサイズも3段半31入、4段40入、5段55入等)の統一について、漁協は市場等専門家の協力も受け漁業者に対し指導を徹底し、これにより出荷に対する認識の統一を図り、高品質をアピールした鮮魚を市場に出荷することで魚価の向上を図る。
《採介藻漁業》
採介藻漁業者は、漁獲したアワビ、サザエを港内の専用生け簀で活かし、漁協と連携して市場の相場をみながら高価格時に出荷することで収益の向上を目指す。漁協は上記取り組みについて漁業者間の意思統一を図るため、出荷調整に向けた情報提供を行う。
②販路拡大に向けた取組
《定置網漁業》
定置網漁業者はイカ類、魚類についてサイズ別の出荷を徹底し、市場へ出荷する。また、漁協及び市と連携して地産地消を推進することとし、朝市や地元スーパーで販売する魚種や数量の拡大のため関係者との協議や島内飲食業への地魚の利用の呼びかけなどを行い島内の需要を高める。
③その他の取組
《穴子籠漁業》
穴子籠漁業者は、島内の卸業者や島外の卸業者にアナゴを活魚として卸しているが、夏季は高水温のためへい死することが多いことから、この状況を改善すべく漁船に冷却装置の設置を検討し、適切な水温管理を行うことにより生残率を高めることで収益の向上を図る。
④資源回復に向けた取組
《全漁業者》
全漁業者は、クエ、アラカブなど将来的に収益性が見込める魚種の種苗放流を漁協と連携して実施するとともに海岸及び海底清掃に取り組み、水産資源の維持及び管理に務める。
⑤後継者育成に向けた取組
漁協は、県の「21世紀の漁業担い手確保推進事業」等を活用し、県・市と連携しながら後継者の育成、新規漁業者の確保を図る。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 美津島町高浜漁業協同組合
住所 〒817-0322 長崎県対馬市美津島町雞知甲1321
電話番号 0920-54-2028