熊本県|滑石地区地域水産業再生委員会

滑石漁業協同組合

取組概要 ノリ養殖の安定的な生産体制の構築
キーワード ノリ養殖
活き締め
種苗法流
販路 その他
取組タイプ 鮮度管理(冷凍・冷蔵技術など)
魚種 ノリ
アサリ
ハマグリ

浜プランの取組内容

①海苔生産量及び生産額の増大 海苔養殖業者は以下の取組みを行う。
・県及び漁連から提供される水温状況等により、高水温に良く生育する黒磯海苔と低水温で良く生育する在来海苔について、漁場毎に予想される状況を踏まえ生産する適正な比率を決定し、水温に応じた安定的な生産を図る。
・潮位にあわせた適切な網の高さ管理を徹底するとともに、定期的に葉体のサンプルを採取し、葉体のチェックを行うことで、生長具合及び病気の浸食状況を早期に発見し、品質低下を防ぐ。
・海苔の質の向上として異物の混入をなくすために製造機器の清掃、点検を徹底してに行い、買付商社の信頼を向上させ単価の向上につなげる。・高性能刈取船等の導入により、生産効率を高めることにより生産量の増加を図る。
②漁獲物の取扱手法の統一化
・漁船漁業者は、氷の適正な使用や活き締め等鮮度保持やサイズを揃えて出荷する等の漁獲物の取扱手法を統一して、全員で徹底して行うことにより、漁獲物を高品質化し、魚価の向上を図る。
③漁場環境保全と水産資源量の増大
・全漁業者は漁協とともに、海底耕うんや漂着ゴミの収集等、漁場の保全活動(死殻の除去、機能低下の原因となる生物の除去、ゴミ等の堆積物の除去、機能発揮のための生物移植)に取り組むことで、漁場の生産力を向上させ水産資源量の増大を図る。
・漁船漁業者は漁協とともに、現在行っているクルマエビ等の放流事業を継続して行うとともに、放流効果の高い放流サイズや放流場所等を検討し、検討結果を次年度の取組みにフィードバックする。また、漁獲された魚介類のうち、サイズの小さなものは放流する等、生産者全員が資源管理に徹底して取り組む。
・採貝漁業者は漁協とともに、アサリ資源管理計画(母貝、稚貝の撒き付け、囲い網によるアサリ保護区の包囲、有害生物の駆除、漁場調査、漁場耕うんによる底質改善、採捕規格、採捕数の制限)に基づき、アサリ資源の回復に取り組む。また、ケアシェル(稚貝採取袋)設置箇所を増やし、稚貝の定着率の高い漁場を見極め、ケアシェルを集中的に設置する箇所の増設を行うことで、効果的なアサリの資源回復を図る。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 滑石漁業協同組合
住所 〒865-0056 熊本県玉名市滑石1683
電話番号 0968-76-2166