熊本県|小島地区地域水産業再生委員会

小島漁業協同組合

取組概要 ノリ品種「煌」の生産・ブランド化
キーワード ノリ養殖
ブランド
潮干狩り
販路 域内流通
取組タイプ ブランド化
魚種 ノリ
ハマグリ
クルマエビ
ガザミ

浜プランの取組内容

①海苔の単価向上及び生産量の増大 海苔養殖漁業については、美味しいとの評価が高い小島漁協独自のノリ品種「煌(きらめき)」について、種苗法に基づく品種登録の出願検討を行う。また、この品種の採苗・養殖方法、乾海苔加工方法を生産者全員で統一し、高品質で特色のある乾海苔の独占的な生産を行うことでブランド力を強化し、漁協全体の平均単価を向上させる。
 さらに、2つの河川河口域に位置する海苔支柱漁場では、淡水の影響によるノリ幼葉の流失被害を受けやすいことから、淡水が流れ込みにくく、海水との撹拌が促進されるよう支柱柵を設置し、ノリ葉体の流失による生産量減少を抑えると共に、河口近くの漁場での養殖に適した海苔品種の改良を行うことで生産量の増加を図る。
②漁場環境の保全と資源量の増大 採貝漁業、刺網漁業については、漁業者自らが海底耕うんにより底質環境を改善し、アサリ、ハマグリ、ガザミ、クルマエビをはじめとする魚介類資源の回復、生産量の増加を図る。
 そのために、効果的、効率的な海底耕うんが実施できるよう使用機器の改良を行うとともに、アサリ、ハマグリの購入稚貝(主に有明海産)を漁場耕うんした場所に放流することや、保護区域の拡大等に取り組む。
 さらに、漁協独自での放流用アサリ、ハマグリ種苗の生産・中間育成に向け、準備を進める。
③安全・安心で高品質な水産物の供給 漁業者が漁獲物を直接消費者に販売できる直売所の検討や市・県主催のイベント等に積極的に参加し、漁業者が自ら漁獲した魚貝類を直接、消費者に販売することを検討する。また、消費者への直接販売にあたり、漁業者が小島地区で漁獲された安全・安心で高品質な水産物の供給を心がけることで販売量の増加につなげる。
④一般市民へ漁業体験の場の提供 漁協は、干潟漁場で一般市民を対象にアサリ、ハマグリ等の潮干狩りを実施できるよう、来客者用の駐車場、シャワー等の施設の整備を検討する。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 小島漁業協同組合
住所 〒861-5284 熊本県熊本市西区小島下町3634-2
電話番号 096-329-7293