熊本県|河内地区地域水産業再生委員会

河内漁業協同組合

取組概要 商社と連携した商品の高品質化
キーワード ノリ養殖
ブランド化
漁場耕耘
販路 域外流通
取組タイプ ブランド化
魚種 ノリ
アサリ

浜プランの取組内容

海苔養殖漁業
・商社訪問等を通じて消費者、商社のニーズ等を調査し、その結果を生産者全員に周知し、生産・加工に反映させることで品質向上・単価向上を図る。
・具体的には、海苔生産者で品種、胞子の着生密度、養殖網の水位、加工時のミンチ規格、製品重量の統一を行い、加工機械の衛生管理項目の遵守を徹底する。
・ブランド等級海苔「塩屋一番、輝、寿」(初摘み、タンパク質含有量50%以上、1網当たり300枚以内等の最上等級のもの)について、高品質や商品の背景を広くPRし、単価向上を図る。
・商社と共同での海苔の付加価値向上に向けた河内ブランドの海苔加工品の開発や漁協での直接販売、販売委託先の拡大を通じて河内産海苔の販路拡大と収入向上を図る。また、県内外、国外(県と連携し海外で行う商談会へ漁協が出展等)へのPRを行うことで認知度向上を目指す。
採貝漁業・網漁業
・漁業者が自ら行う干潟漁場の耕うんにより底質環境を改善し、アサリ、魚介類資源の回復を図る。効果的な耕うん方法を検討し、耕うん事業を毎年継続する。アサリ母貝放流にあたっては漁場耕耘を実施した場所に放流する等生残率の高いアサリ放流を実施し、毎年その効果を検証して、改善点等をフィードバックしていく。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 河内漁業協同組合
住所 〒861-5347 熊本県熊本市西区河内町船津2222-11
電話番号 096-276-1050