大分県|佐伯地区地域水産業再生委員会 上入津地区作業部会

大分県漁業協同組合(上入津支店)

取組概要 かぼすを餌に加えた養殖ブリのブランド化
キーワード かぼすブリ
真珠アクセサリー
生産量拡大
販路 域外流通
取組タイプ ブランド化
魚種 ブリ
シンジュ
イサキ
ヒラメ
クルマエビ

浜プランの取組内容

○全漁業者
・県の補助事業を活用して、漁協に本年度整備する総合水質計(クロロテック)を用いて、漁業者自ら管内の赤潮プランクトン状況や酸素濃度の測定を行い、漁協が作成したメーリングリストを用いて、即座に情報共有することで養殖魚や畜養魚の斃死リスクの軽減等により生産性の向上を図る。
・市の補助を受けつつ、底質改良材を広域的に散布し、漁場改善による生産量の増大を図る。
○漁船漁業者
・クルマエビ・イサキ・ヒラメ・アワビ等の種苗放流を実施する。イサキについては、20cm以下は再放流するよう体長制限を設けて小型魚の保護を行う。また、クルマエビは放流直後の食害を防ぐため、放流箇所を網で囲み、潜砂するまで給餌しながら中間育成を行うなど、漁業者全体で資源管理に取り組む。
○潜水器漁業者
・磯焼け対策等の漁場保全活動を積極的に行い藻場面積を毎年3.0ha増加させ、併せて自主的な禁漁区の設置と放流事業との相乗効果にて磯根資源の維持増大を図る。
○真珠養殖業者
・ブルーツーリズムとして観光客を誘致して、真珠のアクセサリー作成などの体験学習を行い、真珠養殖の認知度の向上を図りながら、消費向上を目指す。
○魚類養殖業者
・大分県特産のかぼすを餌に混ぜ込み一定の手法の下で与え育てる県産ブランドぶり(かぼすブリ)の生産に取組み、生産量を増加させPR活動の普及にも努め付加価値を増し、単価・出荷量の向上を目指す。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 大分県漁業協同組合(上入津支店)
住所 〒876-2201 大分県佐伯市蒲江大字畑野浦378-7
電話番号 0972-45-0877