大分県|津久見地区地域水産業再生委員会

大分県漁業協同組合(津久見支店)

取組概要 鮮度保持による付加価値向上化と消費拡大への取組
キーワード 学校給食
神経締め
一本釣りマダイ
販路 域外流通
取組タイプ 魚食普及活動
魚種 タイ
アジ
サバ
マグロ

浜プランの取組内容

① 漁価の向上と消費拡大
・ 漁協は、平成25年度より試験的に横浜市中央卸売市場内の横浜丸魚㈱に一本釣りマダイを出荷している。この関係を活用して当該魚種の出荷先における規格ニーズ等を正確に把握し、それに応えることで取扱量の増大等を図るとともに他魚種について新たな出荷に取組む。また、その他の関東各地の市場調査を実施し、取引が期待される市場への出荷を検討する。
・ 漁協は、漁協取扱いの水槽・イケス等で活かしている活魚について、漁協職員により全て神経締めを行い商品価値の向上に努める。また、その取扱量の増加を目論み、活魚用水槽・イケス蓄養を増・新設すべく計画作成に要する市場調査等行う。
・ 漁協及び漁業者は、地元の観光協会等と提携して、漁業者、漁協、店舗が一体となって良いものを新鮮な状態で美味しく調理し、お客様に提供する“食のイベント”「津久見モイカフェスタ」に、船曳網漁業で漁獲したモイカ(アオリイカ)を提供する等積極的に参加し、モイカの消費拡大を図るとともに消費者側の意見を聞いて、付加価値向上を目指す。
・ 漁協は、まき網漁業漁獲物であるアジ・サバの蓄養技術向上による価格向上及びカツオ一本釣りの撒餌となるカタクチイワシの蓄養技術向上による販売量の増加を図る。
・ 漁協及び漁業者は、地産地消の推進により地元における水産物の消費拡大に取り組む。具体的には、当地漁業者によって漁獲されているにもかかわらず地元に水揚げされることがないマグロについて、食育の取り組みをしている市教育委員会等を通じて学校給食への供給を図る。また、マグロを使ったひゅうが丼や、アジ・タチウオのフライなどの魚料理を、未就学・小学生の子を持つ親子や高齢男性等を対象にした料理教室を開催し、伝統郷土料理(ひゅうが丼)の継承及び地場漁獲物の消費拡大に努める。さらに、ひゅうが丼については上記のモイカ同様に観光協会や飲食店と協力してフェアを開催し、マグロの認知度を高めるとともにさらなる消費拡大を図る。
・ 漁協は、マグロ全漁獲量の約9割が九州外市場に水揚げされているが、消費需要の高まる時期によっては高い単価で取引されるビンチョウ・キハダマグロ等について鹿児島港への水揚げを推進するため、水揚げ量の多い勝浦及び鹿児島市場関係者と調整を行い、鹿児島市場のまぐろの価格の安定と向上を目指す。
② 漁場環境の整備
・ 漁協及び関係漁業者は、マダコやアオリイカの産卵礁を試験設置して効果を把握する。
・ 漁業者は、「磯焼け」等により消失の危機に瀕した管内地先の藻場等において、自ら海底堆積物・有害動植物除去、岩盤清掃及び母藻設置を行い、その後モニタリングにて経過観察を継続的に実施することで、水産動植物の生息環境の維持・回復を図る。また、海洋汚染等の原因となる漂流、漂着物、堆積物等の処理に積極的に取組むことにより資源の増大及び漁村の環境保全を図る。
・ 漁協及び関係漁業者がマキエ等使用した違法操業や密漁監視を実施し、漁場及び資源管理を推進する。
・ 漁協は、港から近い漁場に増殖礁を設置するよう県に要望する。
③ 漁業後継者の育成と魅力ある漁村づくりの推進
・ 漁協は、組合員(漁業就業者)の減少や高齢化により消失しつつある漁村の活気を回復するため、漁協青年部活動の助成等により漁業後継者の確保に努めると共に、県が実施するUIJターン事業、空き家バンク等を活用して、若い新規就労漁業者を募集し、就職・定住させることで漁村の活性化を図る。また、各魚介類の種苗放流を実施して生産量を増やし漁業収入の向上に繋げていく。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 大分県漁業協同組合(津久見支店)
住所 〒879-2412 大分県津久見市高洲町24-16
電話番号 0972-82-5231