鹿児島県|指宿地域水産業再生委員会

山川町漁業協同組合

取組概要 オール指宿で販売促進
キーワード 菜の花カンパチ
神経締め
漁業体験
販路 域内流通
取組タイプ 新商品開発
魚種 カンパチ
タイ
イカ
タコ

浜プランの取組内容

1.資源の増大と漁場環境保全藻場の維持・漁場造成を進めます。また、藻場造成手法や食害防除技術の開発を、鹿児島県水産技術開発センター等と協力して進めます。
○ 市は、魚礁等を設置し漁場を造成するとともに、漁協及び漁業者は、藻場の造成(藻場の拡大を図るため、中層網式ので母藻を設置等)を行い、持続的・安定的な漁業生産を目指します。指宿は5年後に1%、山川は2%の水揚げ金額の増加を目指します。
○ 市、漁協及び漁業者は、マダイ、ヒラメ等の種苗放流や産卵用のイカシバ・タコツボの設置を計画的に行い、水産資源の回復・増大を図ります。
2 付加価値向上や販路拡大等による魚価向上(1)魚食の普及・販売促進
○ 平成25年に、指宿市内の3漁協(指宿漁協、山川町漁協、かいゑい漁協)、1加工組合(山川水産加工組合)による指宿の水産物のPRプロジェクト「篤姫の台所」の商標登録が完了しております。漁協及び漁業者 等は、これを積極的に活用し、オール指宿で販売活動に取り組みます。
○ 漁協及び漁業者は、平成25年度に発足した指宿市特産品振興係や、平成 24年度に発足した南薩地区の指宿市、南九州市、枕崎市、南さつま市の漁協等が運営する水産物直売施設等により構成される「南薩おさかな海道 ネットワーク協議会」と連携し、ネットワーク内の水産物直販所において相互の水産物を販売する等により、地域水産物のPRと販路拡大に取り組みます。
○ 漁協及び漁業者は、道の駅「山川港活お海道」や地区内外で行われるイベント等に積極的に出展することにより、魚食のPRを行います。
○ 漁協及び漁業者は、アオダイやヒゲナガエビ、アオリイカなどの地域特産魚を紹介する試食会や料理教室を漁村センター等で開催するなど地魚のPRや魚食普及を行います。
(2)水産物の高鮮度化と安全・安心なブランドの確立
○ 漁業者は、漁獲の際の鮮度保持のための処理について、神経締め等の先進的な事例を積極的に取り入れ、全員で統一して取り組むことで、単価の向上を図ります。
○ 養殖業者は、「菜の花カンパチ」について、ECO養殖(漁場改良、有用微生物群を餌に混入することによる残餌、排泄物の分解促進等)や確実 な生産履歴の整備等を徹底して行うとともに、バイヤー等を積極的に現場に招聘し、実作業等を見学してもらい商品への理解を促進させるとともに、意見交換により消費ニーズを把握し、安全・安心なブランドの確立を図ります。更に、修学旅行生等の餌やり体験等の漁業体験をとおして、知名度アップと販売促進を行います。
(3)販路の強化・拡大 漁協は漁業者とともに、以下の取組を行い所得の向上を図ります。
○ 毎週金曜日に指宿漁協で開催している、地先で獲れた鮮魚の直売を行う「金曜市」を充実させ、地魚のPRを行います。
○ 鹿児島中央卸市場の休市時に、沿岸漁業で漁獲した鮮魚を量販店に直接出荷します。
○ これまでほとんど行われていなかった鮮魚店への直販を強化します。
○ 道の駅「山川港活お海道」への出荷量を増やします。
○ アオダイ、ハマダイや「菜の花カンパチ」などについてお歳暮用としての宣伝を積極的に行い、鮮魚の出荷・販売を強化します。
○ 観光地である指宿市の強みを生かし、ホテル等の宿泊施設への出荷量を増大させる取組(商談会等の開催)を推進し、需要の増加を図ります。
○ 鮮魚商組合と協議し、指宿漁協本所での入札に参加する仲買人の増加を促します。
4)商品開発の推進 漁協は漁業者とともに、以下の取組を行い所得の向上を図ります。
○ ガンガゼなど未利用資源を活用した食品や大量水揚げ時のブリやカマス、シイラなど価格の低い魚種を利用した冷凍食品やレトルト食品、レンジで温めるだけで食べられるような消費者ニーズに対応した商品の開発を行います。
○ 市観光協会と連携し、指宿で水揚げされる水産物を使用した土産品の開発(たこせんべい等)を行います。
○ 地元で水揚げされた水産物を使用した握り寿司を道の駅や漁協直売所で販売します。この売り上げ等を検証しつつ、地魚を使った回転すしの店舗を指宿市内に出店するための検討を進めます。漁協ごとに漁業種別が違うため、多様な種類が豊富に水揚げされますので、来店するお客さんに飽きさせず新鮮な地魚を提供できるものと考えております。
(5)施設整備
○ 漁協は、高鮮度で安全安心な水産物の水揚げを行うとともに、水産加工品の製造や開発を支援し、魚食普及を図り販路を拡大するため、見学機能を備えた衛生管理型市場施設・加工場や漁協直営の食堂の整備について検討を進めます。
 上記の取組により、指宿は5%、山川は10%の水揚げ単価の向上を目指します。
3 加工業の振興
○ かつお節のPRを図るために、毎月24日の「ふしの日」に山川水産加工 業協同組合(以下、水産加工組合という。)の青年部で構成する「協和会」と女性部で構成する「オカカーズ」がJR指宿駅等でかつお節のパックの無料配布や11月24日の「いい節の日」イベント、毎年開催される菜の花マラソン等での茶ぶしの無料配布を行い、かつお節の利用促進を図ります。
○ 漁協は水産加工組合とともに、かつお節の原料であるカツオの水揚げ増加を図るため、関係機関と連携し、誘致活動や輸入環境を整備します。
○ 水産加工組合は、かつお節製造工場から排出される汚泥等を処理するために、乾燥させて肥料を製造する施設を産地水産業強化支援事業を活用して整備します。また、製造した肥料を効果的に販売できるように、協議・試行していきます。
○ 水産加工組合及び漁協は、フィッシュミール工場の機器や、冷凍冷蔵施設の冷凍機の入れ替えについて補助事業を活用して計画的に進めます。
○ 漁協は、既存フロン冷凍機設備のフロンについては、地球温暖化を促進することから2020年までに生産が中止されることになっていますので、今後、計画的に設備の改修を進めます。
4 水産基盤施設の適切な整備
○ 山川漁港について、漁協は、県・市・加工組合など各関係団体で組織する山川港開港促進協議会及び山川港衛生管理推進協議会と連携して、南の水産物輸出入拠点港として無線検疫指定港継続維持及び開港の実現を目指します。また、漁船等(輸入船・運搬船・観光客船)の大型化に対応した安心・安全に入出港できる漁港整備に協力します。
5 後継者の確保
○ 漁業の担い手を確保するため、市及び漁協は、県と連携して漁業就業支 援・漁業体験等の担い手育成・確保対策について取り組みます。
○ 漁協は、漁業就業希望者への就業情報や漁業情報の提供、県の「ザ・漁 師塾」による漁業の基礎的研修や漁業現場での実践的研修への参加の呼びかけなどにより、将来の漁業生産を担う意欲的な人材を確保し、育成を図ります。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 山川町漁業協同組合
住所 〒891-0511 鹿児島県指宿市山川福元6747
電話番号 0993-34-0111