宮崎県|

日南市漁業協同組合

取組概要
キーワード
販路
取組タイプ
魚種 カツオ
カツオ
マグロ類
マグロ類

浜プランの取組内容

以下の取組みにより、漁業収入を基準年より2%向上させる。
①  直販・加工による魚価の向上
南郷漁協が運営する「港の駅めいつ」での直売は現在、一部の漁業者に留まっているが、漁業者との協議を行い、直売を行う漁業者数を増加させる。また、日南市漁協女性部加工グループの加工製品等の販売拡大を推進することにより、地域に水揚げされた魚の消費拡大を図り、ひいては魚価向上につなげる。
また、漁協は漁業者の協力のもと、日南名物ともなっている「魚うどん」や宮崎水産物ブランドで農林水産大臣賞を受賞した「かつおうみっこ節」などの加工品にも力を入れるほか、地元特産品を組み合わせ地域の特色を生かした新たな加工品開発(地元の醤油や味噌、日向夏などの柑橘類と組み合わせたもの等)を進め需要を拡大する。さらに、本年度から宮崎県漁連が南郷漁協産地市場の仲買に参入して販売事業を開始し、漁業者側に立った適正な価格での販売を目指し、漁業者所得の向上につなげる。
②  地元船水揚げカツオをブランド化するための協議
市内4漁協と日南市、宮崎県、関係団体(地元商工団体など)で日南市内のカツオ一本釣り漁船が春先に水揚げするカツオ(地元に近い漁場で水揚げされるため高鮮度。他県にない水揚げ形態)について、殺菌海水などを使用した一貫した流通を進めること等により他県との差別化を図り、更に、販売窓口の一本化や統一したパッケージによる販売、インターネット販売に向けた流通体制を整えるための協議を進める。
③  水産資源の回復
漁協は沿岸漁業者と協力して、イセエビの住処となる自然石を投入し漁場を拡大させることでイセエビの漁獲量増加や、イセエビやイカの簡易増殖施設等の設置数を増設することで資源回復に努める。また、ウニの適切な密度管理を行うため、ウニの密度が高い漁場から密度が低い漁場へ移植するなど藻場の回復に努め、ウニの漁獲量増加を図る。さらに、各漁協で行っているカサゴ・ヒラメなどの放流事業を推進するなど資源回復に努める。加えて、カツオ資源に関して、近年行っている漁業者間の自主的漁獲規制((一社)全国近海かつお・まぐろ漁業協会を中心に行っている自主規制)を引き続き行い資源回復に努める。これらの取組みを継続して行い、資源回復に努め、漁業者の経営安定化・所得向上につなげる。
④  学校給食を活用した魚食普及・消費拡大
昔から漁業基地として栄えてきた日南市ではあるが、若い世代の市民への魚食の浸透度は低い。そこで、漁協と市が主体となり、各漁業者が地元で水揚げした魚を漁協女性部などが加工し、市内公立小中学校の学校給食に活用し、メニューとして取り入れることで魚の消費につなげる。また、子ども達が魚食に関して理解と関心を示すことで、今度は各家庭での魚食の意識が高まり、料理の中に魚を取り入れてもらうことで、魚の消費拡大、魚食普及を推進し、魚価の向上、さらには漁業者の所得向上につなげる。
⑤  漁村の伝統文化・食文化等の継承活動
漁協が主体となり漁業者の協力を得ながら、市内の小中学校、一般市民を対象に漁法の紹介や魚料理教室、捌き方教室などを実施することで、魚を好きになってもらい、魚食の拡大、ひいては魚価の向上を目指す。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 日南市漁業協同組合
住所 〒887-0000 宮崎県日南市字石河588-129
電話番号 0987-23-2111
その他連絡先

jfnichinan-honsyo@btvm.ne.jp