熊本県|

八代漁業協同組合

取組概要
キーワード
販路
取組タイプ
魚種 ウナギ
ヒラメ
ガザミ
スズキ

浜プランの取組内容

・採貝業者は、漁協とともに県の指導を受けながら、安定したアサリの水揚げを可能にするため、稚貝採集ネットの設置による資源増大策や被覆網設置による食害対策の試験的実施計画の策定と、覆砂事業の活用による漁場整備に取り組む。また、単価向上のため、漁獲サイズや漁獲時期を制限して漁獲される大型アサリについて、HPやパンフレット等での販促によるブランド化の活動内容を協議する。
・ノリ(黒ノリ、アオノリ)養殖業者は、漁協とともに、商品PRのための袋の装丁や記載内容の改善を行うとともに、品質・単価を向上させるため、網の干出管理の徹底や生産期間の限定、品質による等級分けの実施方法について協議を行う。
・八代市は、観光漁業(船出浮:漁業見学と食事のセット)について、新たに整備する荷捌き所に隣接した荒天時の待合所を整備する(H27年3月完成予定)。漁協は漁業者とともに、待合所を活用した荒天時のサービス(海鮮バーベキュー等の飲食)について実施方法の協議を行う。
・八代市は、高品質な漁獲物を生産するため、活魚槽を充実させた新たな荷捌き所を整備する(H27年3月完成予定)。漁協等は、単価を向上させるため、活魚出荷を拡大した荷捌きの実施計画及び衛生管理方策を協議する。
・漁協は漁業者とともに、重要魚種の種苗放流事業を継続して行う事に加え、放流効果の有無及び種苗の生産状況等を勘案し、新魚種放流を積極的に検討する。また、市や県と連携しながら藻場及び産卵礁の造成事業を推進し、広範な水産資源の安定・増大をはかるとともに、熊本県不知火地区漁業士会等と連携しながら、魚食普及の促進に努める。

以上の取組により基準年度に対し2%の漁業収入の向上を図る。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 八代漁業協同組合
住所 〒866-0032 熊本県八代市新開町3-84
電話番号 0965-37-1757