新潟県|

姫津漁業協同組合

取組概要
キーワード
販路
取組タイプ
魚種 ズワイガニ
スルメイカ
ウマヅラハギ

浜プランの取組内容

以下の取組により漁業収入を基準年比 1.0%向上させる。
なお、下記取組内容は、進歩状況及び得られた成果等を踏まえ、必要に応じて見直すこととする。
①姫津漁業協同組合と漁業者は、漁業所得、魚価の向上を図るため、市場で比較的高値で取引され、当地区で水揚が漁獲時期には安定しているズワイガニ、スルメイカ等の活魚出荷を視野に置き、活魚水槽導入のため先進地を視察し、市場・流通業者と連携し、マーケットの分析を行い、本格的な実施を検討する。
②姫津漁業協同組合は、既存の製氷機(5t/日)があるが、イカ釣り、刺網漁の豊漁時には出荷用氷が不足しイカの鮮度を低下させる事があるため、鮮度保持の徹底と氷不足を解消するため製氷機の追加導入を検討する。
③姫津漁業協同組合と漁協婦人部は、加工部会を立上げ、既存の加工施設を活用し、カレイ、メバル、イカ、タラ等の網によるキズ等で未出荷や低利用の魚を対象にキズに応じた切り身の醤油漬け・味噌漬け、一夜干しなどの製品開発を行い、本格的な実施を検討する。
④姫津漁業協同組合と板曳網漁業者は、他県同業者の情報の下に、ウマヅラハギの漁法について佐渡市、水産技術センターの協力を得ながら、ウマヅラハギを対象としたすくい網漁の先進地を視察し、新漁法導入について検討する。すくい網漁法は魚の品質、鮮度が良いので魚価の向上に繋がり、以前は価格が安く、鮮度保持、ブランド意識の低かったウマヅラハギで所得向上を図る。
⑤姫津漁業協同組合と漁業者が連携し、魚食普及を目的とした「イカの市」「沖汁まつり」を開催し、地域住民や観光客にPRや販売することによりイカ、南蛮エビ、メバル、タラ等の消費拡大を図る。
⑥姫津漁業協同組合は、新規漁業者就業者総合支援事業を積極的に活用し、新規就業者の受入や育成の強化を継続して行う。
⑦姫津漁業協同組合は、漁港施設の機能が引き続き発揮されるよう適切な維持管理を推進する。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 姫津漁業協同組合
住所 〒952-2134 新潟県佐渡市姫津306-1
電話番号 0259-75-2104