新潟県|

佐渡漁業協同組合(高千・稲鯨・真野支所)

取組概要
キーワード
販路
取組タイプ
魚種 ヒラメ
キジハタ
ソイ
ハタ

浜プランの取組内容

以下の取組みにより漁業収入を0%向上させる。
①板曳網漁業(ナマコ桁曳含)
・漁業者は漁獲される小型のカレイ・ヒラメ等を再放流し、資源保護に取組む。
・漁業者はナマコ漁業の資源管理を徹底する。(150g以下は放流、採捕期間厳守)また、牡蠣の殻に付着しているナマコの幼稚子について、有効に活用できないか採捕方法、放流方法について佐渡水産技術センターの指導を得ながら検討を行う。
・漁獲されるカレイ、ヒラメ、ズワイガニ等の魚介類は新潟漁協市場や佐渡魚市場に 出荷されているが、漁業者及び板曳協議会は新潟中央市場(大手流通業者)など他市場等への出荷を検討するとともに、併せて販路開拓及び夏期の鮮度保持(5・6 月、9・10月)、曳網時間の短縮等、漁獲物の鮮度向上出荷について検討を行う。
・漁業者及び高千漁業集落等は産卵後のマダラ、トビウオ、カレイ等の小型魚の未利用魚、低利用魚の加工について、加工方法、加工施設設置、販売方法等の検討を行う。
②採介藻漁業
・漁業者はアワビ(殻長9cm以下)、サザエ(殻高6cm以下)採捕禁止の順守、稚貝を放流し資源増大を図る。
・漁業者及び漁協は沿岸域の密漁防止のため漁場巡回監視をすると共に密漁防止の看板を立て資源保護を図る。
・漁業者は今までほとんど行っていない岩ガキ採捕の検討を行う。
・漁業者は大手仲買人と連携してアワビ、サザエの規格統一化(サザエの出荷サイズ100g以上、以下に大別)により市場、スーパー等のニーズに対応した、出荷方法(ネット入れ)の導入、タグ等を付け、産地表示・生産者名の表示することを検討する。
・漁業者及び漁協、漁業集落は漁業集落がアラメ、ワカメの共同加工施設を利用して収穫から加工、販売までの6次産業化を実践し成果(アラメの共同採捕→加工→販売開拓)をあげている地区があるので、他地域での普及を図る。また、ワカメ、アラメの新商品開発に取組み販売先を開拓する。
・漁業者及び漁協はナガモ(アカモク)の生出荷はシーズン前半、後半に分けて出荷先(市場開拓等)の検討をする。消費拡大の為、加工・凍結品の販売サイズはみそ汁1杯分、一口サイズなど消費者ニーズに合わせたサイズ(量)についても検討する。また、一般消費者の認知度が低いのでスーパー等に消費拡大の宣伝、普及を図る。
・漁業者は漁協及び漁連の協力を得ながら、地域全体で収穫される価格の変動が大きいエゴノリ(イゴ)の島内需要対応のほか新たな島外出荷先の開拓を検討する。

③刺網漁業
・漁業者は資源保護の為、刺網の目合い拡大(ウスメバル等)を検討するとともに、休漁日を順守する。
・漁獲される未利用資源、低利用魚(産卵後のマダラ、トビウオ、傷もの等)の加工方法及び販路開拓等について漁業者と漁業集落で協力しながら検討する。また簡易加工場の設置についても検討する。
・漁業者はヒラメ・キジハタ・ソイ等の活魚出荷、活〆出荷について漁協、流通業者の協力を得て、講習会及び実技指導を受け技術を習得する。
④大・小型定置網漁業
・ブリ、イナダ、メジ、ウマヅラハギ等漁獲物の大半は佐渡魚市場(マグロ30k以上は築地出荷)に出荷されているが、魚種によっては新潟漁協市場、新潟市中央卸売市場への出荷等について検討する。
・漁業者及び漁協はイナダ、トビウオ、ウマヅラハギ等低利用魚の加工、新潟市等のスーパーへの直接販売、地産地消推進を検討する。
・漁業者はヒラメ、ハタ等の高級魚の活魚、活〆出荷を検討する。
⑤イカ一本釣漁業
・イカ一本釣漁業者は県外船(実施漁業者)の協力を得ながら夏イカ操業時の効率的な漁法について、昼イカ操業の取組み(操業時期等)、操業体系、鮮度保持等について検討する。
・漁業者はサイズ(規格)統一の順守を徹底する。
・漁業者は漁獲量向上のためヤリイカ棒受け網漁業操業の準備をする。
・漁業者及び漁業研究会はより所得向上が望めるクロマグロ延縄漁業への転換を検討する。
⑥牡蠣養殖業
・漁業者及び漁協はイベント及びホームページ等を通じて殻付きカキを「ガンガン焼き」で販売し、普及を図る。(ガンガン焼きとは殻付きの牡蠣を一斗缶に入れ販売し、家庭でも簡単に蒸し焼きができる商品)
・漁業者は佐渡水産技術センターの協力を得て、岩ガキ養殖の可能性を検討する。
・漁業者及び漁協は「カキ祭り」を定期的に開催しカキの消費拡大、地域活性化を図る。
⑦新規漁業就業者及び後継者の確保・育成
・漁業者及び漁協は漁連等が開催する集団面談会及び求人広告等により新規漁業就業者及び後継者確保に努め制度を利用した技術習得等を図る。
⑧漁港の維持管理
・漁協は漁港施設の機能が引き続き発揮できるよう維持管理する。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 佐渡漁業協同組合(高千・稲鯨・真野支所)
住所 〒952-1643 新潟県佐渡市稲鯨1523番地先(稲鯨支所)
電話番号 0259-76-2011