石川県|

石川県漁業協同組合(七尾地区)

取組概要
キーワード
販路
取組タイプ
魚種 アジ
サバ
カマス
ブリ

浜プランの取組内容

以下の取組により漁業収入を0.2%向上させる。
1 機能的な流通システムの確立
① 水産物荷捌き施設、貯氷施設の整備
大型定置網等が水揚げする庵漁港は、外郭施設が未整備なことから
港内の静穏度が低く、また定置網漁業の規模拡大に伴う荷捌作業のスペース確保や、港内への生活排水流れ込みによる取水の衛生的問題に対応するため、市は関係機関の協力を得ながら、新たに環境・衛生型の新しい漁港を整備してきたところである。
今後、整備された漁港において、「いきいき七尾魚」を中核とした高鮮度の漁獲物の水揚げを行うためには、水揚げから選別、出荷までの作業ラインが同一エリアで行え、かつ施設内への鳥や猫などの侵入を防ぐなど衛生面でも適切に対応できる荷捌き施設を整備するとともに、鮮度管理を的確に行うための貯氷施設を整備する必要がある。
このため、本年は先進地調査を漁協等が中心に行い、漁業者等と施設の規模・内容等を精査する。
② 6次産業化の推進による販路の多角化
ア 定置網漁業者は、漁獲されるアジ、サバ、カマス、ブリ類、イカ類などについて鮮魚の他、刺身用の柵やフィーレに加工処理したもの、さらには干物などの加工品を管内のJA直売所、道の駅へ出荷するとともに、県内外の飲食店には神経抜き処理などを行いながら直接出荷し販路の多角化を図る。また、県内外の商談会、食のフェア等に積極的に出展し、商品のPRを行うとともに、新たな販売先の獲得を図る。
更に、地元住民を対象に朝市の開催等により現場で直接販売を行い、地元への海の恵みの還元を図るとともに収益の増大を図る。
イ、今年度から開始したトリガイ養殖において生産者や漁協は、ロゴマークの策定等によるPR活動を行いながら生鮮出荷を行うとともに、販路の多角化を図るために冷凍加工品の開発を行う。
③ 農商工連携による水産物の付加価値向上等
トラフグを始めフグ類を漁獲する定置網漁業者や延縄漁業者は水産加工業者と連携し、フグ類の加工品の商品開発を行い、付加価値向上を図る。あわせて、開発した商品等を旅館やレストランで提供し、観光協会等とも連携して十分な宣伝を行う。

2 水産資源の回復と維持
① 漁協や漁業者は、県などから購入したヒラメ、クロダイ、トラフグ等の種苗放流や植林活動を行い、資源の増大を図る。
また、トリガイとアカカイの資源の増大対策について検討する。
② 漁協及び漁業者は、県が実施する漁場造成に対し、管内で排出されるカキ殻の有効利用を図るため、整備目的や海域等を考慮しながらカキ殻を使用した増殖場の造成を要請するとともに、貝殻の有効利用技術の普及を図る。
③ 大型定置網漁業者は、網揚げ作業の中でタモ1杯相当量の幼稚魚を網外に再放流することを推進する。(タモ一杯運動)。
また、底びき網漁業者や定置網漁業者等は石川県資源管理指針及び資源管理計画に基づき、網目の拡大や休漁を行いながら資源の安定を図る。

3 魅力ある漁業経営の確立
① 定置網漁業者等は、漁業経営の経営感覚を磨くため、県等の協力を得て経営コンサルタントによる研修会を開催する。
② 新規漁業就業者の研修制度を活用した新規就業者の確保、育成に取り組む。
③ かき養殖業者は、「七尾湾能登かき祭」や「雪中ジャンボかきまつり」等イベントに積極的に参加し、カキの魚食普及等を推進する。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 石川県漁業協同組合(七尾地区)
住所 〒920-0022 石川県金沢市北安江3-1-38
電話番号 076-234-8815