福井県|

敦賀市漁業協同組合

取組概要
キーワード
販路
取組タイプ
魚種 真鯛
カレイ
スズキ
ブリ

浜プランの取組内容

以下の取り組みを行い基準年より漁業収入の1%向上を図る。
① 水産資源の維持・強化
・ 採貝漁業者は漁協と協力して、中国への輸出で採貝漁業者の冬場の収入源となっているナマコについて、今年度は5万個の稚ナマコを放流し、増殖を強化することで輸出量を拡大させ漁業所得の向上を図る。
・ また、採貝漁業者は漁協と協力して、地元消費の多いサザエ、アワビについては、今年度サザエの稚貝2万個、アワビの稚貝3万個を放流し 増殖を強化する中で漁業所得の向上を図る。
・ なお、採貝漁業者と漁協は、福井県栽培漁業センターをはじめとする関係者と、ナマコ、サザエ及びアワビの増殖拡大に向けた問題点等について整理し、取組に生かすための検討を開始する。
・ 延縄と刺網漁業者は漁協と協力して、年1回海底耕耘事業を実施して底質改善を行う中で微生物を増殖させ、当該微生物を餌とするエビ類を増やし、このエビ類を餌とし高値で取引きされる甘鯛(若狭ぐじ)やヒラメを集めて漁獲量を増加させることにより、漁業所得の向上を図る。
・ また、延縄と刺網漁業者は漁協と協力して、海底耕耘を行った漁場にヒラメ稚魚3万尾を放流し、ヒラメの漁獲量の増加により漁業所得の向上を図る。
・ 漁協は、全ての漁業者、漁業者の家族や地域の子供たちなどに呼びかけて、ポリタンクなど外国からの漂流物が多い海岸で漂着物収集等のクリーンアップ活動を行い、漁業の効率性、生産性を向上させ、また環境の改善や海・浜のイメージアップを図る。
② 市場での魚価向上に向けた取組の強化
・ 定置網漁業者と刺網漁業者は、従来から実施している活締めに加えて、活締めと比較して硬直を押さえられ、仲買人からの需要度が高い以下の魚種について、神経締め処理導入についての検討を開始する。
(養殖漁業者が養殖マダイ、底曳漁業者が赤カレイ、延縄漁業者はスズキや甘鯛、定置網漁業者がブリ類やカンパチ等)
・ また、定置網漁業者と刺網漁業者などの関係漁業者は、活締め、神経締めを施す魚については、漁協が既に荷捌き所に設置している滅菌冷海水で洗浄し、鮮度保持を徹底する中で出荷を行い、魚価の向上で漁業所得の向上を図る。
・ 漁協は、活魚での販売ニーズが高い魚(ヒラメ、カレイ、トラフグ、タコ、オコゼ、ホウボウ、カワハギ、ヤリイカ等)について、滅菌冷海水仕様の小イケスで出荷調整を図りながら、単価の高い時に販売するなど、衛生管理と鮮度保持により高単価販売に努め、漁業所得の向上を図る。
・ 延縄漁業者は、ブランド魚若狭ぐじ(甘鯛)について、出荷の際の下氷で魚の表面に傷が付かないようにするため、緩衝マットの使用を徹底し、魚価向上に努め漁業所得の向上を図る。
・ また、販売者である漁連は、仲買人の需要に関する調査等を行い、需要度の高い販売方法を選定するための検討を開始する。
③ 地元住民に向けた地産地消のPR活動
・ 養殖漁業者は、ブランド養殖魚敦賀ふぐ(トラフグ)の地産地消、消費拡大に向け、冬期シーズン中は毎月1回開催される地元朝市で、ふぐ鍋店を出店するとともに、漁業青年部も魚食PRのため季節に応じた地元鮮魚の販売を行う。また、この取組の中で購入者のニ-ズや魚の持ち帰り時の課題等について収集・分析し、次年度以降の取組に生かすことにする。
・ 敦賀市は、市民への地元海産物の知名度向上と普及推進を図るため、市の学校給食で地元海産物を取り入れ、給食で利用してもらうため、学校や漁協・漁連などの関係者と協議を開始する。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 敦賀市漁業協同組合
住所 〒914-0061 福井県敦賀市蓬莱町17-19
電話番号 0770-22-1057