福井県|

若狭高浜漁業協同組合

取組概要
キーワード
販路
取組タイプ
魚種 カワハギ

浜プランの取組内容

【魚価向上の取組】
●以下の取組で、漁業所得を基準年比0.00%向上させる。(※初年度は、主に具体的活動に向けての準備・計画期間に位置付けられる)

①浜の活力再生プラン策定を通じて以下の魚価向上の取組方策及び体制づくりを進める
1)漁協や女性部等は、干物や給食用魚食材などの加工事業により、コアジや小カレイ等の低利用資源の付加価値化を検討する。
2)漁協は、衛生管理型市場の稼働を見通し、サゴシやハマチなど大型定置漁獲物の地場流通量の拡大、加工等による付加価値化の方法・体制のあり方を検討する。このため、漁業者自身による漁獲物に対する付加価値化の重要性・必要性等について説明会等を開催し、意識向上・徹底を図る。
3)定置網漁業者(漁協自営を含む)は、混獲されるカワハギ等の混獲有用魚の活魚化による付加価値化(高単価化が期待される定置漁獲カワハギ等の活魚化と魚類養殖業者による蓄養出荷による大幅な単価向上システムのあり方と体制整備)に関する検討を行う。
4)各地区の漁業者代表からなるグループは、現在、漁協が計画中の「衛生管理型高浜漁協魚市場」及び「6次産業振興施設」のソフト・ハードのブラッシュアップに関して仲買や観光関係者と協議を行い計画内容へ反映させる。
5)漁業者グループを中心とした「漁師所得アップ検討部会」は、6次産業振興の一環としての、高浜町全体の漁村文化や生活、伝統、景観、食を活かした漁協主導型の漁業・漁村ツーリズムのあり方、体制を検討する。

②浜の活力再生を実務的役割を担う再生委員会事務局の体制強化、活動の基盤となる漁協等の組織強化に向けた議論に着手する

1)漁協は、再生委員会構成員と高浜漁協・市場衛生管理荷受・荷捌所整備を念頭に置いたソフト体制の整備検討を行う(衛生管理協議会設立準備、衛生意管理責任者認定準備、衛生管理マニュアル検討準備を始め、関係者・職員等の意識改革スキルアップの方法検討等)を行う。

2)漁協は、再生委員会構成員と漁協のIT化推進による事務処理効率化と積極的情報発信体制確立のための手法検討を行う。3)漁協は、再生委員会構成員と支所毎の特徴や独自資源等を活かしたそれぞれの支所運営のあり方検討を行う。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 若狭高浜漁業協同組合
住所 〒919-2221 福井県大飯郡おおい町大島83-3
電話番号 0770-72-1234