静岡県|

いとう漁業協同組合

取組概要
キーワード
販路
取組タイプ
魚種 イセエビ
アワビ

浜プランの取組内容

●鮮度保持、品質管理による高付加価値化
・現在、定置網漁業、一本つり漁業、刺網漁業の一部の漁業者で行われている船上脱血、神経締め等による漁獲物の鮮度保持を全漁業者が行うよう、取組普及や啓発活動を漁協が主導して行う。また、仲買人を含め、全漁種で漁獲物の取扱方法、品質管理を徹底するため、漁協独自のガイドラインの作成を検討する。
・伊東魚市場(昭和44年整備)を拠点施設として再整備(平成31年度供用開始)し、衛生面と水揚げ作業及び流通面の更なる効率化を図る。行政や観光協会等と話し合いを重ね、地域の観光・防災拠点としての機能を有する複合施設として活用できるよう調査、ヒアリング、基本設計を行う。
・現在、手選別を行っている定置網漁業、まき網漁業、敷網漁業の漁獲物の選別時間短縮による鮮度、魚価の向上を目指すため、新たに魚体選別機を導入する。(選別機導入により、作業時間が軽減され、コストの削減にも資する。)
・定置網漁業、一本つり漁業、刺網漁業、採介藻漁業の活魚出荷について、伊東市・熱海市内の飲食店や宿泊施設でイセエビ・アワビ等の活魚出荷に一定の需要があるが、現在は魚市場において簡易的な活魚槽で対応しているため、出荷量に制限がある。よって、魚市場の再整備とあわせて、活魚槽設備の導入を検討し、出荷量の増大、魚価の向上を目指す。

●6次産業化の更なる推進、拡大
・大漁時の買い支えを行うため、現場の漁協職員にヒアリングを行い、水産加工にかかる既存施設、設備、作業手順等の問題点、弱点を拾い出し、加工処理能力が向上するよう検討する。
・現在は冷凍、冷蔵保存の加工品のみの製造のため、保冷コストのかからない常温保存可能な加工品の開発に取り組む。
・外食店や加工業者のニーズに合わせた販売形態の検討や販路の拡大を行う。漁協で加工し、販売しているすり身(サバ男くん等)の販売量を拡大するために、主な販売先である首都圏の外食店や地元加工業者のニーズを探る。また地元の学校給食や高齢者施設にも積極的に売り込む。

●地産地消、魚食普及の更なる推進
・地域全体で地産地消を推進していくために、市や商工会議所、地元の飲食店などと連携した取組を開始する。漁協が管理するホームページ等を活用し、水揚げ状況や漁業者のこだわり、品質管理方法などを情報発信し、それらの販売店、飲食店を紹介することにより、観光客に興味を持たせる。地魚を使用している飲食店ではのぼり等の目印となるものを掲げ、観光客にも分かりやすくするなど、地産地消から地域産業全体の活性化を図る。
・地元中学生や高校生などこれからの地域を支える人材に水産教室、料理教室等を行う。また、課外授業等で直営食堂を利用してもらうことにより、魚食の普及、地産地消へ興味を持てるような取り組みを行う。
・地元の学校給食や高齢者施設へのすり身、切り身の販売、また、市内外の各種イベント販売、物産展等の催事出展を行うことにより、地産地消、魚食普及に取り組み、販路の拡大、販売量の拡大を図る。

●資源保護等の取組
・県水産技術研究所等と連携し、漁業者等が食害生物の駆除を実施し、粗朶設置、種苗放流を引き続き行い、稚魚、貝エビ類の資源を保護する。
・静岡県が設置する魚礁を利用し、水揚げ量増大、操業の効率化を図る。
・漁業者等が磯焼け被害を受けた藻場の再生のための対策を検討し、かじめ等の移植を実施する。

これらの取り組みにより漁業収入を基準年より1%向上させる。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 いとう漁業協同組合
住所 〒414-0043 静岡県伊東市新井1-1-18
電話番号 0557-37-3181