高知県|窪津地区地域水産業再生委員会

窪津漁業協同組合

取組概要 スラリーアイスを活用した定置網漁獲物(アジ、サバ等)の鮮度管理向上
キーワード スラリーアイス
高鮮度処理
直営レストラン
販路 域内流通
取組タイプ 鮮度管理(冷凍・冷蔵技術など)
魚種 アジ
サバ
カツオ
イワシ
メジカ

浜プランの取組内容

【鮮度や品質管理等による魚価の向上】
 ・定置網漁業を営む窪津共同大敷組合は漁協と協力し、魚体が傷つきにくく冷却能力が高い特徴を持つスラリーアイスを用い、定置漁獲物(アジ、サバ等)の鮮度管理及び品質管理について検討を行う。
 ・釣漁業者は、魚価の向上を目的に、船上での血抜きや神経抜きによる高鮮度処理の実施や魚槽内へのスラリーアイスの使用による、漁獲物(カツオ、ハガツオ等)の鮮度向上及び品質管理について検討を行う。

【漁協直販所での加工による付加価値の向上】
 ・漁協直販所である「大漁屋」は、関西地区商談会(「天下の台所」など)への出展等により、県外に向けて窪津産水産物のPR活動を行うとともに、新規顧客の獲得など、販路の拡大を図る。
 ・定置網漁業で漁獲されるが、餌として低単価で取引されているカタクチイワシやウルメイワシ等を利用し、釜茹でや燻製などの新たな加工品製造を検討する。

【水揚げの増加及び安定化】
 漁協は、「メジカ需給調整対策協議会」において、漁業者・加工業者間の需給のバランス等の課題について定期的に対応策を協議し、課題解決に向けて取り組む。加工用原魚の供給量不足のため、休漁日(土曜日)に試験操業を実施し、水揚げ量増加を目指す。

【定置網の敷設状況調査】
 定置網漁業者は、網成り(水中での定置網の形状)の改善を図り漁獲量の増加につなげるため、潮流・深度計や水中ビデオカメラなどを用いた水中での定置網の敷設状況の確認を行う。  (*)大型定置網漁業で漁獲量を確保するためには網の容積を確保することが重要だが、潮流が速い場合などには、網がつぶされるような形になり、漁獲量の減少につながる。

【窪津地区の観光強化】
 ・漁協は、観光客の来訪による地域振興を目的に、直営レストラン「海鮮館」における観光バスや個人観光客向けの食事、地元住民の休憩処としての役割の強化について協議を行う。また、観光定置、ホエールウォッチング、民宿及び修学旅行の受け入れを行い、観光客を誘致・集客促進し、漁業外収入を確保する。
 ・海鮮館では、朝獲れ漁獲物の提供やフェアの開催などにより、産地ならではの料理の提供する。

【食育と魚食普及】
 釣及び定置網漁業者は、漁協、地元の小・中学校、行政と連携し、食育及び魚食普及活動の一環として、窪津地区の漁業についての授業や窪津地区の漁獲物を使った調理実習の実施を検討する。

【水産資源の回復】
 窪津藻場保全対策協議会は、藻場の構成、再生および磯焼け防止に向けた母藻の設置、ウニなどの食害生物の除去活動の実施により、藻場の再生を図り、水産資源の回復を目指す。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 窪津漁業協同組合
住所 〒787‐0312 高知県土佐清水市窪津482-2
電話番号 0880‐82‐7111